怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

2017年版Amazon Fire HD 8 タブレットが届いた【端末レビュー】

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 はい。

2017年に発表されたFireタブレットの8インチモデル

 買ってしまいました…!

 16GBで11,980円、32GBで13,980円。プライム会員である私はさらに4,000円オフ!

 8インチのAndroidタブレットでこのお値段、しかしスペックは1280x800の解像度であり、今時としてはむしろ低めのところ。

 ある意味お値段どおりなスペックです。

 なので発表されたときは、そこまで盛り上がってなかったのですがそれが何故手元にあるかといいますと。

 メイン端末のPhab2がFGO端末と化しており電子書籍端末が欲しかったところにこのお値段。

 つまりついかっとなって…

 
 なお、保護フィルムとケースも勧められるままに購入するフルセットです。

開封の儀 

f:id:kagerou_ts:20170615000829p:plain

 そういうわけで、はい。

 わりかしあっさりめの紙袋で届きました。流石1万円端末。

 購入したのは32GBのほうです。32GBのクアッドコア1.3GHz端末が1万円端末と考えると確かにコスパは良い。

 それで起動してみると端末を購入したAmazonアカウントによってセットアップ済みで、Wi-Fiの設定さえすればもうそのまま使える親切さです。

持った感触はわりかしずっしり

 8インチ端末であることに加えてカバーもつけたからかもしれないですが、結構ずっしりした感じがあります。

 カバーを一緒に購入したのは、どこかの風呂蓋みたいに動画見るときの支えにならないかなと思ってなんですが。

 実際に横向きで置いてみたらばぺたんと倒れる有様でした。かなしい。

 縦置きは自立できたので全く役に立たないわけではないですが、あの折り目で横は難しかったかって感じですね。やはり風呂蓋の形状は偉大。

 …って思ってたんだけどごめん俺の置き方が悪かった。

 Amazonロゴがついている開いたほうを下にして立ててみたら、ちゃんと自立しました。本当にすまない。

意外とするする動いている

 で、起動させてみての感想は、思っていた以上に普通に動く(失礼)ですね。

 触っていてストレスを感じることはありません。

 試しにRe:CREATORSとか見ていたのですが遅延もなく快適でした。

 本については、実はあんまりKindleでは買っていなかったので…以前に買ったオールナイトライブとか

スレイヤーズ新装版とかを読んでみていました。

 …ってこれも古いか…

 動画ではそこまで気にならなかったけど、文字や画像だと解像度の低さが気になりますね。

 読むのに支障はありませんが、普段見慣れているPhab2と比較するとどうしても精度が落ちる感じがある。

 しかしマンガのページめくりなどもすらすらできていていたのはむしろ低解像度の恩恵かもしれず、バランスとしてはよいのかもしれません。

 それはそれとして低解像度低解像度言ってるけど1280x800なわけで、むしろすごい時代になったなとは思いますな…

Kindle以外の電子書籍も読める

BOOK☆WALKER

 BOOK☆WALKERを読む方法書きました。

Amazon FireタブレットでBOOK☆WALKERを読む - つんどくダイアリー

DMM電子書籍

 DMMもいけます。

Amazon FIreタブレットでDMM電子書籍を使う - つんどくダイアリー

流石のAmazon端末

 ホームに戻るとコンテンツが並んでいるのは流石の専用機ですね。

 そこから選択できるのは、一手間省かれていて良い。

スピーカーは結構いいかもしれない

 アニメを見てるときにちょっと良いかもと思ったのは本体スピーカーからの音声。

 音に関してそんな詳しくないから、この「良い」がみんなの思う「良い」かは分からないですけど。

 最初普通に聞いてて違和感なくて、後からそういえばこれタブレットから出てる音だったと思うような。

 Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーは伊逹じゃないってことですね!

 モノラルじゃないところがポイント高いのかも。

結論:コスパのよいサブ端末としてはアリ

 事前予想ではだいぶ安物買いな雰囲気で不安な面もありましたが、触ってみた感想としては結構アリです。

 ただ、やはり最近の端末として考えると解像度の低さは気になりますから、用途を限ったサブ端末が適切かなとは。

 Amazonコンテンツとの連携は大変便利なので、Kindle書籍やプライムビデオなどをヘビーに使っている方は、それらの専用機として活躍することと思います。

 オススメは32GB。2,000円の違いなら絶対こっち。

 液晶保護フィルムはまあ普通なので、購入してもよいと思います。純正カバーも動画見るとき立てて置くために必要。オススメです。

 それからここ重要なんですが、プライム会員であれば4,000円オフになるクーポンが使用できます

 プライムは月400円または年3,900円。つまり実質年会費無料です。

 もし購入するのであれば、入会しない選択肢は無い…

 さらに、アニメ/映画を見るならFire TVが必須です!

tsundoku-diary.scriptlife.jp

スポンサーリンク