怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

Amazonプライムの会員特典などをまとめていった

Amazon タブレット

 プライムも配送無料ってイメージが抜けないかげろです。

 今はそれどころじゃないほど拡張されててつよい。

プライムについて


 月額400円または年3,900円で契約することで、様々な特典を得られる定額サービスです。

 最初の30日間は無料

コンテンツサービス

 音楽や動画、電子書籍など。コンテンツに関したサービスです。

プライム・ビデオ


 対象となっている動画が見放題になるサービスになります。

 Amazon限定配信の新作アニメとかも対象になっており大変便利。

 正直、これだけでペイできるくらいだと思います。

Prime Music


 対象となっている音楽が聞き放題になるサービスになります。music unlimitedの廉価版みたいな感じでしょうか。

 割と懐かしい昔の曲が多くて、なんとなく聞き覚えのある曲をなんとなく流していくみたいな感じで使うかも。

 また以前はI'veの初期アルバムがあったりしてすごい驚いたんですが消えてしまっていて残念。配信自体が消えているようなので、プライムの問題ではないと思いますが。

Amazon Music Unlimited


 music unlimitedそのものはプライムとは別の定額音楽聞き放題サービスなのですが、プライム会員だと月額980円が月額780円になります。

 このサービスを使っている場合はプライム会員になると既に半分元をとったことになります。

Prime Reading

 プライム会員向け電子書籍読み放題サービス。Kindle unlimitedの廉価版。

 シリーズの1~3巻くらいが対象になっていることが多く、お試し拡張版とも取れます。

 しかし月1冊読めば元は取れますね。

Kindleオーナーライブラリー

 月に1冊、Kindle書籍が無料で読めるサービス。

 プライム会員になることと、Kindle電子書籍端末またはFire端末を所持することが使用できることになる条件です。

 Kindle unlimited以外の書籍も対象になっているのでお得感はあります。

 でもこれでシリーズものを読んでしまうと、そのまま続刊を購入していってしまう罠に…

Twitchプライム

twitch prime

 ゲーム実況サービスTwitchプレミアム会員になります。

 特典として広告の非表示やチャンネルのスポンサー登録、ゲームコンテンツの会員アクセスなどがあるみたいです。

配送サービス

 配送に関連したサービスです。

配送特典 (prime delivery)

 プライム会員向けの配送サービスです。

  • お急ぎ便

 注文当日に届けてくれるお急ぎ便が追加料金なしで使用できるようになります。

*お届け日時指定便

 お届け日時を指定できるプランが追加料金なしで使用できるようになります。

  • 1時間配送

 1時間で配送するPrime Nowが使えるようになります。このサービスは後述します。

  • 発売日/発売日前日お届け

 発売日または発売日前日にお届けしてくれるプランが追加料金なしで使用できるようになります。

 これは対象商品を発売日前にお急ぎ便に指定することで設定されるみたい。

Prime Now(プライム ナウ)

 特定のエリアへの配送を、注文から1時間以内または2時間ごとの受取り枠を指定できます。

 ただし1時間以内のご利用は890円の配送料が掛かるよう。2時間便は無料。

 合計金額2,500円から使用できるようになります。

 対象となるエリアについては、現在(2017/11/21)は東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の一部とのことです。

Amazonパントリー


 1箱290円で雑貨や食品を詰めて送ってくれるサービス。プライムだけじゃなくて追加料金(箱代)が必要になります。

Amazonフレッシュ


 最短4時間で生鮮食品を当日お届けしてくれるサービス。

 プライム会員の他に月額500円の料金が必要です。

 対象地域は現在(2017年11月21日)では主に東京、神奈川、千葉の一部

購入特典

 購入するときの割引や特典などです。

Amazonファミリー


 子どもの年齢を登録しておくとお得情報が流れてくるサービス。

 プライム会員だと、おむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFFとのことです。

 登録はまだしも定期購入がハードル高そうに感じますけど、消耗品だから良いのかな。

会員限定先行タイムセール

 プライム会員だと、限定タイムセールに参加することが出来ます。

 たまにAmazonでやっているやつですね。

 他にもAmazonのデバイスが割引購入できたりします。今だとFireタブレットが4,000円OFFだったりとか。

Amazon Dash Button

 ボタンを押すと特定の商品を注文するDashボタンを使うことが出来ます。

 これ、プライム会員向けのサービスなんですよね。

その他

 その他、プライム会員でメリットがあること。

Amazon Mastercard

 アマゾン向けクレジットカードです。クラシックカードの場合、ポイント率が1.5%から2%になります。

 またゴールドカードだと逆に、カードを契約するとプライム会員になります。つまり年会費3,900円がお得ってことですね。

プライム・フォト

 プライム会員向けのフォトストレージ。

 写真(画像ファイル)については無制限、その他のファイルは5GBのストレージが用意されています。

 中身はAmazon Driveであり、システム的にはAmazon Driveの1契約となっている感じですね。

 Amazon Drive自体は割と便利なので、複数デバイスのファイル共有なんかに使用すると良いと思います。

 Fireタブレットとのファイル受け渡しにたまに使います。


 これ全部で年3,900円っての正直採算取れてるのか心配になるくらいですが、主に使うサービスは決まっていたりするし、上手いバランスになってるんでしょうか。

AmazonやFireタブレットについての記事一覧 - つんどくダイアリー
いつのまにか増えてたAmazonの提供するサービスをまとめていった - つんどくダイアリー
Amazonの「Fire TV Stick (New モデル)」というものが届いて怠惰な日々を過ごしている【端末レビュー】 - つんどくダイアリー
2017年版Amazon Fire HD 8 タブレットが届いた【端末レビュー】 - つんどくダイアリー

スポンサーリンク