怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

Prime Studentの特典についてまとめてみた

 Amazonのサービスをいろいろ調べていたら、学生向けプライムみたいなプランもありましたのでついでにまとめてみました。学生か…

Prime Student概要

 学生向けの年間契約プランです。

 送料無料やプライムビデオ、Amazonパントリーといった既存のプライムサービスの一部が使用できます。

 Wantedly プレミアムの月会費無料のように学生向けならではの特典もあります。

 年会費は1,900円、無料体験期間は6ヶ月です。

 参加資格は「日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること」で、学籍番号か学校から発行されたメールアドレスなどで登録するようです。

 単純に、プライムの学割版かと思いましたが、どうも微妙に違うみたいです。

使用できるプライム特典

 Prime Studentに登録することで、次のプライム特典が使用できます。

 特典の内容についてはプライム会員と共通しているため、下記をご覧ください。

Amazonプライムの会員特典などをまとめていった - つんどくダイアリー

Prime Studentで追加される特典

Amazon Mastercardで+2%

 Amazon Mastercard クラシックで通常会員のポイント還元率は1.5%ですが、これが2%になります。(プライム会員と同じ)

買取金額10%UP (2017/12/31まで)

 Amazon買い取りサービス で買い取りを行ったときに10%上乗せしてくれるようです。

Wantedlyプレミアムの月会費が6ヶ月間無料 (2018年4月30日まで)

Wantedly主催: Prime Student新規登録で月会費3,218円が無料 @ Amazon.co.jp

 就職マッチングサービスWanetdlyが6ヶ月間無料で使えます。

 ただし期間が「無料期間:2017年11月1日0時0分~2018年4月30日23時59分」となっているため、今のキャンペーンで使用できる期間は4月までのよう。

スポンサーリンク

DVD・ブルーレイストアで冬の大セール開催中!【2018/1/31まで】

http://amzn.to/2B09oi8

 ふと見たらDVD・ブルーレイがセールをやっているようです。(といっても値引率はいつものような)

 アニメはコードギアスとかガルパンとかがあるみたいです。アニメはバンダイビジュアル作品のセールみたいですね。

 なぜか7巻だけラインナップされていたラブライブサンシャイン。

 ヒュー!

 その他のラインナップについてはこちらから!

バーゲンコーナー(冬の大セール開催中 2018年1月31日まで)
バーゲンコーナーのアニメシリーズ一覧
AmazonやFireタブレットについての記事一覧 - つんどくダイアリー
Amazonプライムの会員特典などをまとめていった - つんどくダイアリー
いつのまにか増えてたAmazonの提供するサービスをまとめていった - つんどくダイアリー
Amazon Fireタブレットで使える電子書籍ストアを調べてみた - つんどくダイアリー
Amazonの「Fire TV Stick (New モデル)」というものが届いて怠惰な日々を過ごしている【端末レビュー】 - つんどくダイアリー
2017年版Amazon Fire HD 8 タブレットが届いた【端末レビュー】 - つんどくダイアリー
Amazonのリリースしているデバイスまとめ - つんどくダイアリー

スポンサーリンク

技術革新を受けた新しい挑戦の到来!「ストライクフォール」3巻【ラノベ感想】

ストライクフォール3 (ガガガ文庫)

 技術革新を挟んだシーズンオフへの突入、プロスポーツとしても主人公チームとしても重要な転機になっていきました。

※ここから先にはシリーズ前巻までについてのネタバレがあります。続き物なのでご容赦下さい。

続きを読む

神話を身に宿した王が世界の命運を賭けた戦いに挑む! 「魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>」全14巻【ラノベ感想】

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス> (MF文庫J)

 剣と魔法の学園ファンタジー! なんてラノベ! 素敵!

神魔<ディーヴァ>の力を得た世界での戦い

 今から15年前、ヴァシレウス・ヴァシレオーンなる者が賢者の石を使い、異世界の住人である「神魔」と人々が繋がり魔法を操れるようになった世界。

 神や悪魔と呼ばれていたものたち、神話や伝承の力をベースとして「魔法」を日常的に使えるようになっている世界で、主人公の林崎一樹が神話の王として覚醒…ハーレム王への道を歩むことになるラノベです。どんなだ。

 一樹は王としての力を磨きつつ、また元々収めていた剣技も使い世界の命運を賭けた戦いに挑んでいくことになる、物語としては王道なストーリーでヒロインもたくさん。

 王の力としてヒロインと仲良くなると強くなるなんて能力を持っているのでハーレム王を目指すことが世界の命運を決める戦いにもなります。

 最初はストイックっぽかった一樹が最後はすっかりストイックなイケメンハーレム王に…主人公やキャラクターの成長は物語の見所の一つですが、一樹がだんだんと女子を手玉に取っていくようになっていく成長っぷりはなんかこう、ラノベの中でも屈指の成長っぷりではないでしょうか。

 あとMF文庫はどこまでがセーフなのか。回を追うごとにひどくなっていくその描写、後半はもうレーティングが違うのではないかと言いたくなりそうになるくらいだったが具体的に合体しなければセーフという強い意志を感じる。小説だから許された。でもエピローグの小雪はなんていうかほんともう小雪…

 …まあそういう、女子と絆を強めつつ、パワーアップして強敵に打ち勝つ感じのストーリーです。

神話に侵食された世界と7つの魔法大国

 しかしバトルについては一樹無双となるわけではなく、特に後半、メンバーが増えていくにつれ敵味方入り乱れての団体戦になっていきます。

 ユニットとして一番強いのは剣と魔法を使える一樹になりますが、魔法使いとして強力な美桜、小雪、輝夜たち、純粋な剣士として一樹の上を行く妹の鼎など他のメンバーも負けておらず、さらに魔法戦は純粋な攻撃力の殴り合いではなく駆け引きも要求されるため一筋縄ではいきません。

 またこの世界は神魔によって魔法が使えるようになったことから、国家の形が「神話」をベースに再構築されていき、各国の交流も途絶えている世界となっています。

 今は7つの魔法大国がそれぞれの信仰する神話を元に形成された宗教国家となり、各国が「王」を掲げ覇権を争う戦国時代。ベースになる神話は例えばドイツであれば北欧神話であるように、その地方で有名な神話、幻想が形を持って顕現しているような形になります。

 日本は、力を貸してくれた「ソロモン72柱」の力を得て魔法大国の仲間入りをしており、一樹はその王として国同士の衝突に、ひいては世界の命運に挑むことになります。

 (どうして日本なのにソロモンなのか、日本古来の神々はどうしたのか…についてはまた劇中で)

乱れ飛ぶ剣と魔法、信仰と神々の力のぶつかり合い

 そして「召喚魔法」によって呼び出され、その力を引き出して行われるバトルはまさに神話の再現とも呼べるもの。

 さらに近接戦闘を得意とする一樹や剣士たちがそこに加わり、より激しさを増していきます。

 魔法全盛の世界で、物理攻撃を行う剣士は見下されていましたが、そういった常識も打ち破っていくのが主人公。剣と魔法に限界はない。

 直接的な攻撃魔法のみならず補助魔法のブーストによる接近戦や搦め手の魔法戦までバトルも幅広く、神魔、信仰、信念のぶつかり合いでもあり熱い戦いが繰り広げられていきます。

 (余談ですがこのバトル、厨二力高い呪文詠唱といい「神魔の力を借りて効果を現す」システムといい妙な懐かしさがあって良い)

 だたこれだけ激しい戦いだと、学園ファンタジーで死人が出ないかってところが心配になったりもしますが…防御用の魔法がオートで働いていて、ダメージを受けて魔力が0になっても気絶で済むセーフティが備わっているから安心です。(ただそれがあるからこそ、割と容赦なく死んでいく後半の迫力も増します)

 剣に魔法に学園ハーレムに大変ストレートで良いラノベで、そういった方面が好きな方は面白いと思います。さらに完結しているから安心です!

 私はコミカライズのほうから入ったりしました。ちょっと気になる方は試しに是非。

スポンサーリンク

TYPE-MOONの歴史を同人時代以前からFGOまで辿る一冊「TYPE-MOONの軌跡」【読書感想】

TYPE-MOONの軌跡 (星海社新書)

 「月姫」が頒布されたのが2000年12月29日。「Fate / stay night」(以下Fate/SN)が発売されたのが2004年1月30日。何もかもが懐かしい…

TYPE-MOONの歴史を辿る

 本書は奈須きのこ、武内崇の両氏が中学時代に出会ったところからTYPE-MOONを結成し「月姫」を制作、「Fate/SN」でさらにヒットを飛ばし「FGO」に至るまでの歴史を紐解いたものになります。

 メインの流れとして登場する作品は、主に「空の境界」「月姫」「Fate/SN」「Fate/Zero」「魔法使いの夜」「FGO」となり、それら作品群の制作がどのように成されていったのか、作品に込められたメッセージの考察なども交えて語られていきます。その内容についてはわかりみしかない。

 制作エピソードとしては「武内氏が奈須氏の生活費を出しながら月姫作った話」とか「夕日を見ながららっきょの執筆を促した話」とか「講談社ノベルズからの出版を渋る奈須氏を太田氏が笠井潔氏と温泉に連れて行って説得した話」とか断片的に語り継がれてきた話も収録されており。

 改めて「ああーそういう話もあった…」って思いながらページをめくっておりました。

 「FGO」や昨今のアニメ化作品などからTMを知った方は逆に、このあたりのエピソードは新鮮で面白いものに映ることでしょう。割と無茶してますしね。

クオリティを追い続けた結果が後から付いてきた歴史

 こうしてまとまって流れを振り返ると、要所要所で採算度外視のすごい博打張ってるなと感じるところがあります。(まだ「小説家になろう」とかも全然無い黎明期に)Webで小説発表してみたり、硬派伝奇小説の書き手が同人エロゲ作ってみたり (伝奇とエロは相性良いので自然な流れかもしれないが)…生活費出してるのは同人あるあるかもしれないので…いや無いか…

 一番つよいのはやはり空の境界全七章完全アニメ化ですね。

 「空の境界」は第一章からして映像化したら即バレの叙述トリックが仕込まれていたりして、ただでさえ無理だろうと思われていた作品ですが、その面白さや雰囲気を損なうこと無く映像化した上に劇場公開。個人的には「空の境界」の成功が、TYPE-MOONのターニングポイントとなったのではと思っています。(作品もそうですが、TYPE-MOONー講談社'(星海社)ーアニプレックスーufotableの繋がりが出来た)

 当時、テアトル新宿から上映が始まって、ぽつぽつと全国に広がっていって…第一章はコミケのついでに劇場に行きましたがこの時点で圧倒されました。(新宿のオールで見たのは一章と二章みたい。記憶はうろかったけど日記が残ってた。三章、四章あたりまでは新宿行ってたみたい)

 らっきょはいきなり愛蔵版みたいなことをやったりもしていたのでTYPE-MOONの周囲が無茶だったところはありますが。

 今ではものすごい人気になっているFGOも、出たときに「スマホでシナリオ重視アプリ」をリリースするのは挑戦だったと思います。ガラケーのソーシャルゲームからスマホアプリに移行しているときではあったけど、有名なのはパズドラとかのライトなもので。「チェインクロニクル」のようにシナリオ重視でヒットしているものもありましたが少数派だったと思います。

 FGOはリリースした直後はいろいろアレでしたが、そこから地道に改良を重ねて理想に向かっていく姿勢は凄いと思っているし、たぶん普通に利益を考えたらできないようなことをやってのけています。(だがスキップ実装派の私からすると宝具スキップ実装はよ。本文中では

 結果論として「結果はあとからついてくる」を体現してるような歴史でもありますね…

 「奈須きのこ」の才能に周囲がMAXBETしてきた結果とも言えます。

 そしてその才能に惚れ込んで、要所要所で的確なサポートを決めてきた武内氏の活躍も見逃せません。名編集、名プロデューサーみたいな二人三脚さなのでしょうか。彼がいなかったら空の境界も月姫も世に出ていたかわかりませんし、Fateも今とは違ったものになっていたかと思うと本当に偉大。

事前に知っておいた方が良い作品多数

 本書はタイプムーンヒストリーがまとまっている一冊ですが、ところどころ作品に対する著者の感想、解説も入っており、ただの資料ではなく「TYPE-MOONを理解する一冊」にもなっています。

 これらのパートについても「わかるわ」としか言えないわかりみを発揮していましたが、各作品の核心に触れる部分ばかりなので知らない方には勧めづらい面もあります。

 ネタバレ部分に入る前には警告がちゃんとあるので、気になる方はスキップして各作品を楽しんだ後に改めて読んで下さい。

 その絡みもあって事前に読んで/プレイしておくと良いと思ったのは次の作品になります。

  • 月姫 (ゲーム)
  • Fate/stay night (ゲーム)
  • Fate/hollow atraxa(ゲーム)
  • Fate/Zero
  • 空の境界
  • 魔法使いの夜
  • Fate/Grand Oder

 FGOについては第一部クリアまでが条件となる難易度ですががんばっていただきたい。

 月姫とFate/SNについても、他のルートについての話があるのでゲームのほうを…月姫は入手難易度が高いな…(リメイクじゃなくて良いから再版してほしい…)

 このほかの作品についても言及されていますがそこまでクリティカルではないです。興味を持ったら読んでいただけると良いと思います。

 もちろん知らなくても全然読めます。ネタバレ部分の注釈にはお気を付けください。

昔から知っている人には懐かしい一冊、今からの人には新しい一冊

 こういう歴史の本って、実際自分の経験として知っているとより楽しめるところはあり、個人的な感想を言うと懐かしさであふれてました。

 でも知らなかった人が楽しめないわけでもなく、興味のあるものの知らなかった歴史を追うことは面白いものだと思います。

 作品名でだいたい察せられる人には問題なくお勧めしたいですが、TYPE-MOONを最近知ったけど他の作品はあまり知らないといった方にも、他の作品に目を向ける機会として勧めたいと思います。

著者の坂上秋成氏は以前4Gamerでインタビューされていた方で、だからこそ納得の出来。

「Fate/Grand Order」がもたらす新しいスマホゲームの形――奈須きのこ×塩川洋介が語るFGOの軌跡と未来とは - 4Gamer.net

 サイト内でのTYPE-MOON関連作品をまとめた記事です。

TYPE-MOON / Fate / FGO関連についての記事一覧 - つんどくダイアリー
【みんなおすすめ!】 Fateシリーズの原点がここに TYPE-MOON関連作品シリーズをまとめてみた (Fate/stay night編) - つんどくダイアリー
【みんなおすすめ!】 Fateは原典のみにとどまらない! TYPE-MOON関連作品シリーズをまとめてみた (Fateスピンオフ編) - つんどくダイアリー
Fateは元は同人ゲーム? 「Fate / Grand Order」に連なる作品をまとめてみた - つんどくダイアリー

スポンサーリンク

Amazonを騙った詐欺SMSメッセージについての注意

f:id:kagerou_ts:20171126231632j:plain

 以前からAmazonを騙る料金請求SMSが届くことがありまして、それについての注意書きがヘルプにありましたので共有しておきたいと思います。

 自分が実際受け取って「なんじゃこれ」って思ったやつだったので。

Amazonのヘルプにある注意書き

 下記リンクより、関連するAmazonのヘルプページに進むことが出来ます。是非ご一読ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別について

 ちなみに、私に届いたメッセージは次の2種類でした。

  • 「有料動画の未納料金が発生しています。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。アマゾン(株)受付センター」
  • 「有料動画サイトへ登録履歴があり、未納料金が発生しています。本日中にご連絡なき場合、法的手続きに移行します。アマゾン(株)受付センター」

Amazonは複数端末ログインの確認を送信していない

 料金未納SMSはある意味分かりやすいので無視すれば良いのですが、ちょっと危ないなと思ったのは、

「あなたのAmazonアカウント( XXX@XXX.co.jp )は新しいブラウザからログインしました。」 「不正アクセスの可能性がある場合にはこちらのサイトにアクセスしてご確認ください。」

といった不正アクセス防止確認メールを騙ったものです。

 Amazonは複数端末のログインに対してこのような対応をしていないとのことなので、飛んできても偽物確定ではありますが、普段とは違う端末からログインしたときにメッセージが飛んでくる機能は割とよく見るものなので注意が必要ではと思いました。

 あれらのメッセージは不正アクセス被害防止のために送信されているものですけれど、なるほどこうやって利用される場合もあるのですね…

リンクを踏んでしまった場合

 偽装メールの添付ファイルやリンクを開いてしまった場合、Amazonのヘルプには以下のページがありました。

Amazon.co.jp ヘルプ: コンピューターを保護する

 踏んでしまった場合の対応はだいたい以下のような感じでしょうか。

  • パスワードを入力してしまった場合は、パスワードを変更する
  • クレジットカード情報を入力してしまったら、カード会社に連絡する
  • アンチウィルスソフトでスキャンする
  • OSのアップデート (WindowsUpdateなど) を実施する
  • メールに返信は行わない (返信することで、メルアドが生きていることが伝わってしまう)

フィッシングやなりすましを報告する場合

 これもAmazonのヘルプより。

Amazon.co.jp ヘルプ: フィッシングやなりすましを報告する

 使用キャリアがau、Docomo、Softbankであれば報告窓口へ、その他は受信メッセージをブロックしてくださいとのこと。

 メールの場合は報告用のアドレスがあり、そこに転送すれば良いようです。

予防のために

 Amazonのこの事例に限らずですが、詐欺やフィッシングメールなどは巧妙に不安を煽って引っかけようとしてきます。

 それらに引っかからない方法の一つとして、相手の提示する連絡先ではなく、正規のサポートや連絡先に自分から問い合わせをしなおすことは有効じゃないかと思います。

 とっさのことになるとそのまま連絡先に折り返してしまう気持ちも分かりますが、もし何かの助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

Amazonのリリースしているデバイスまとめ

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック

 最近はEchoが話題ですね。まだ買えてません。かげろです。

 最初はモノクロのKindleだけだったのにいつのまにか増えているAmazon端末をまとめてみました。

 ※種類や価格は2017年11月26日時点のものです

電子書籍端末 (Kindle)

 電子書籍を閲覧するための端末であるKindle。

 モノクロのディスプレイです。目に優しいとのこと。

 ※4,000円OFFセールをやっています!

 ※「キャンペーン情報」(つまり広告)の有無で2,000円くらい変わるようです。

Amazon.co.jp ヘルプ: キャンペーン情報について

 私が持っているのはFire HD8なのでKindleは分からないですが…どうもロック画面とホーム画面に出てくるみたい。

広告入り新Kindleで表示される広告はこんな感じ。実機で確認してみた | TeraDas-テラダス

 ヘルプの説明を読むと「キャンペーン情報つき」を買ってしまうと基本的に後からオフにできいようですから、気になる方は「キャンペーン情報なし」を選択しておく必要があるでしょう。

 Fire HDと違ってロック解除時にスワイプなしが選べるようになるなら、一考の価値あるかもしれません。(Fire HDは広告成しに設定してもどのみちスワイプすることになる)

Kindle

モデル
キャンペーン情報
価格
Wi-Fi あり 8,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi なし 10,980円 (クーポンで4,000円OFF)

 画面サイズ6インチ、ストレージ4GBのモノクロ端末。Wi-Fiのみです。

Kindle Paperwhite

モデル
キャンペーン情報
価格
Wi-Fi あり 14,280円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi なし 16,280円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi + 3G あり 19,480円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi + 3G なし 21,480円 (クーポンで4,000円OFF)

 画面サイズ6インチ、ストレージ4GBのモノクロ端末。3G版は購入するだけで3G回線によるダウンロードが使用できるようになります。(回線代はAmazonが負担)

Kindle Paperwhite マンガモデル

モデル
キャンペーン情報
価格
Wi-Fi あり 16,280円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi なし 18,280円 (クーポンで4,000円OFF)

 Paperwhiteのストレージを32GBに拡張したモデルのようです。

voyage

モデル
キャンペーン情報
価格
Wi-Fi あり 23,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi なし 25,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi + 3G あり 29,180円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi + 3G なし 31,180円 (クーポンで4,000円OFF)

 ちょっとお高いKindleシリーズ。

 300ppiの超高解像度e-inkディスプレイやページめくりボタン、明るさ自動調整、厚さ7.6mm重さ180gの薄型6インチとハード的に改良されているモデルです。

 Fire HD8 (ちょっともさっとしたAndroidタブレットくらい)が厚さ9.7mm重さ369gの8インチなので、一回り小さい感じでしょうか。

 タップやスワイプではなく、握りこむことでページめくりをする機能は気になるところですね。

oasis

モデル
キャンペーン情報
価格
Wi-Fi、32GB あり 36,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi、8GB あり 33,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi、32GB なし 38,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi、8GB なし 35,980円 (クーポンで4,000円OFF)
Wi-Fi + 3G、32GB なし 44,980円 (クーポンで4,000円OFF)

 Voyageよりさらに強くなったOasis。

 画面が7インチとなり厚さ8.3mm重さ194gと少し増えましたが防水になりました。

 やはりお風呂など水辺需要が多かったんでしょうか。

Amazon.co.jp: 利用方法について: Kindleストア

 容量も32GBが選択できるようになって嬉しいところですね。

 SDカードスロットは見当たらないので本体容量が肝要になるのですが、マンガは画像の塊なので意外と容量を喰ってしまうため、8GBだと厳しいと感じます。

 でも正直このお値段で読書専用モノクロリーダーはコスパは悪いと感じるため、Kindle愛用者向け端末かなあとは。

アクセサリ

amzn.to

 カバーなどKindle、Fireタブレット向けのアクセサリです。

Fireタブレット

 AmazonがリリースしているAndroidタブレットです。

 Androidと言ってもそのままではなく、Android OSをベースにAmazonがカスタマイズした「Fire OS」が搭載されています。

 読書はもちろんビデオ、ゲーム、ミュージックと対応しています。

 ただゲームについてはスペック的な不安と、モデルがWi-F端末しかないため外で通信しづらいこともあって厳しいと思います。

 このあたりは値段も考慮して、室内の読書/ビデオ/音楽端末として割り切ると幸せになれると思います。

 Google Playは非対応で、Amazonが提供するアプリストアからアプリをインストールします。

 その関係もあって、Android向けアプリがそのまま動くかはアプリ次第なところもあります。

Amazon FireタブレットでBOOK☆WALKERを読む - つんどくダイアリー
Amazon FireタブレットでDMM電子書籍を使う - つんどくダイアリー
Amazon Fireタブレットにアプリストアで提供されていないアプリを直接インストールする - つんどくダイアリー

 そしてプライム会員であれば4,000円OFFとなっています!

Amazon.co.jp: Fireタブレット クーポンキャンペーン: Kindleストア

Fire 7

モデル
価格
8GB 8,980円 (クーポンで4,000円OFF)
16GB 10,980円 (クーポンで4,000円OFF)

 フルカラー7インチ端末。めっさ安い

 OSが同じでしょうから基本性能は他のシリーズとそう変わらないと思いますが、解像度が1024x600、モノラルスピーカーとハード面で若干落ちてます。

 プロセッサはクアッドコア1.3GHzとなっておりHD 8と変わらないので、読書端末としてのスペックに不安はないですが。解像度が低い分むしろ負荷が低いとかあるかもしれません。

 ストレージ容量が8GBまたは16GBと少なめですから、microSDを買い足すことも視野に入れておいた方が良いですね。

Fire HD 8

モデル
価格
16GB 11,980円 (クーポンで4,000円OFF)
32GB 13,980円 (クーポンで4,000円OFF)

 解像度がHDに、画面サイズが8インチになったFireタブレット。それでも安い。

 画面解像度が1280x800、オーディオが「Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー」にパワーアップしているので、お試しで買うにしてもHD8がお勧めでしょうか。

 同じサイズ(16GB)で比較しても1,000円の違いですし…

 私は32GB版を購入しましたが結局64GBのSDカードを追加したので、16GBでも良かったかもしれません。

Fire HD 10

モデル
価格
32GB 18,980円 (クーポンで4,000円OFF)
64GB 22,980円 (クーポンで4,000円OFF)

 10インチタブレット。まだ安い。

 しかし10インチくらいの大きさになると使い方も考慮する必要が出てきます。

 読書端末としての取り回しより、ビデオの鑑賞がメインになるかも。

 解像度は1920 x 1200に、プロセッサも「1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア」にパワーアップしています。このあたりもビデオ向けでしょうか。

アクセサリ

amzn.to

 カバーなどKindle、Fireタブレット向けのアクセサリです。

Fire TV

 テレビやモニタのHDMIに差してビデオを鑑賞するビデオ端末です。中身はFire OS

 Amazonビデオだけではなく、Hulu、Netflix、YouTube、AbemaTV、DAZN、dTVなどにも対応しています。dアニメストアが動くのでお勧め。

Fire TV Stick

モデル
価格
4,980円

 小さいStick上の端末です。安い。

 Fire TVのコンパクト廉価版といったイメージでしたが、機能的には4K対応しているかどうかくらいが違いかなと思います。

 FIre TVはFire TVで2017バージョンでは随分コンパクトになり、だんだん差はなくなってきているのかも。

 うちは4Kを見る環境がないのでStickで良いかなって感じです。

Fire TV

モデル
価格
8,980円

 「4KとHDR(ハイダイナミックレンジ)対応」したFire TV。

 サイズもコンパクトになって音声リモコンも付属しています。

 4KくらいになるとWi-Fiではつらいかもと不安になりますが、イーサネットアダプタが別売りで対応しているので問題があれば有線でも可能です。

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

Fire TV ゲームコントローラー

モデル
価格
5,980円

 さりげなくゲームコントローラーも売っているAmazon。

 音声コントロールが付いているところがちょっと特殊かも。

 でもQAを見ていると、

質問:fireタブレットでも使用できますか?

回答: Fireタブレットでは使用できませんでした。 ブルートゥースの認識で拾えませんでした。

みたいなこともあり、Fire TVシリーズ専用かなと思います。

 またヘッドフォンジャックがあるので、ここにヘッドフォンを接続すれば擬似的リモートヘッドフォンにもなります。

Dashボタン

 ボタン一つで注文が飛んでいく恐ろしい機械。プライム会員専用です。

Dashボタン

amzn.to

モデル
価格
各商品 500円 (初回注文時に500円割引により実質無料)

 消耗品ごとに専用のボタンが用意されていて、それを押すと商品が届く。

 シンプルすぎる機能のボタンです。

 ボタン自体の価格は500円ですが、初回の注文時に請求額から500円引きになるので実質無料。(請求額が500円未満の場合は残りを次回以降の注文金額から割引)

Dash Buttonを500円で購入し、初回注文代金から500円が差し引かれる特典に関する利用規約

AWS IoT ボタン (開発用ボタン)

AWS IoT ボタン (プログラミング可能な Dash Button) | AWS

モデル
価格
$19.95

 Dashボタンのプログラミング可能版。HTTPリクエストが飛ばせるよう。

 ただ購入しようとすると外国のAmazonに飛ばされる上に「This item does not ship to Japan. Please check other sellers who may ship internationally. (この商品は日本に発送されません。国際的に発送可能な他の販売者を確認してください。)」とか注意が出てきて完全におま国。

 そのうち日本でも取り扱ってくれると良いですね…

Echo

 今一番ホットなスピーカー。

 最初は音声UIで操作するスマートスピーカーかなと思ってたのですが「スキル」によってその機能を開発、拡張してけるようなので俄然興味沸いてきました。

Alexa | アレクサ | Alexaスキル開発トレーニング

 しかし購入にはハードルがあり、購入リスクエスとを送って承認されねばなりません。まだ承認されてません…

 スマートスピーカーとして家電を操作するためにスマートハブ内蔵のモデルもありますし、既存のスマートハブも使用できるようです。

 そちら方面の知識があるとまたさらに面白いかなと思うのですがウチは全然なのでつらい。

Echo Dot

モデル
価格
Echo Dot 5,980円

 一番シンプルでコンパクトなモデル。Alexaのお試しみたいなところならDotが良いのかなと思います。

Echo

モデル
価格
Echo 11,980円

 ウーファーがついてスピーカーとしてパワーアップしたモデル。存在感が増している。

Echo Plus

モデル
価格
Echo Plus 17,980円

 最上位モデルでスマートホームハブを内蔵しているところがポイントですね。

 Echoの使い方として、スマート家電と接続して操作する (例えば電気を付ける、消すなど) ところがあるため、最初から内蔵されているモデルはアリだと思います。

 でも現在使えるのは照明くらいみたいでもあり、どうなんでしょうか。スマートホームについては正直全く分からない…

 ※すでにスマートホームハブを使用している場合は無理にPlusを購入する必要はなさそうです。

既にスマートホームハブをお持ちの方: スマートホームデバイスを既にハブに繋いでお使いの場合、EchoまたはEcho Dotをお勧めします。Alexaアプリから各社が提供するスキルを有効にすることで、スマートホームデバイスをコントロールいただけます。(Amazonの商品説明より)

Alexaスマートホーム

Amazonスマートホームストア @ Amazon.co.jp

 Amzonのスマート家電ストア。Alexa認定を取得しているものもあります。

 Amazonがリリースしているデバイスではありませんが、Alexa認定で公認しているものでもあるので、参考までにリンクしておきます。

 現時点(2017/11/26)では電球と鍵、リモコンくらいでしょうか。

AmazonやFireタブレットについての記事一覧 - つんどくダイアリー
Amazonプライムの会員特典などをまとめていった - つんどくダイアリー
いつのまにか増えてたAmazonの提供するサービスをまとめていった - つんどくダイアリー
Amazon Fireタブレットで使える電子書籍ストアを調べてみた - つんどくダイアリー
Amazonの「Fire TV Stick (New モデル)」というものが届いて怠惰な日々を過ごしている【端末レビュー】 - つんどくダイアリー
2017年版Amazon Fire HD 8 タブレットが届いた【端末レビュー】 - つんどくダイアリー