つんどくダイアリー

つんどくダイアリー

わりと好き勝手書いてるからネタバレてたらごめんね。旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

レーラと大樹の意外なつながりが明らかに「異世界帰りの勇者が現代最強!」4巻【#漫画感想】

異世界帰りの勇者が現代最強! 4巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)

 異世界転移して魔王を倒して帰ってきた森下大樹がそのままレベルを引き継いじゃって現代に戻ってきたから、レベルアップの概念がない現代オカルトとの実力差で現代でも最強になっちゃってたシリーズ第4巻。魔王倒して元の世界に戻ってくるの、最近あんまり見ないように思うからちょっと懐かしい感じですね。今どきの異世界ものは行ったっきりですが昔は世界を救ったら帰ってきてたように思うので。エンディングのその後みたいなところかも。

 4巻は大樹が転移していたファンタジー異世界のエピソードからスタートですが、これが現代の登場人物にも繋がってきていたり、また大樹とは別の異世界帰還者も登場したりして、あれ結構異世界と繋がってる…? って感想に。また読み進めていくとその人に繋がるのかと思うところもあり、異世界と現代は思った以上に関連しているのかなとも。前巻で戦っていた九尾の使っていた術もまんま異世界に存在していたもののようだし、「神の魂を取り込んだ」って表現もそのまま経験値とレベルアップの関係を示してそうだし。もしかして大樹が魔王を倒しておしまい、にはなってないのかなとも思います。

 ファンタジー異世界側のエピソードはまんま王道勇者のエピソードって感じですが…現実のほうでは輝夜先輩とレーラとのいつものラブコメっすね。ただレーラに関することでもあるから、ラブコメっていられるようになったのよかったねとも思います。いやまあそもそも気づかんのかーいって思わなくもないですが。時間の過ぎ方も違うから仕方ないんかなあ。

 しかし輝夜先輩の愛がますます重くなってて草。

 また本作で主人公を最強たらしめているのは「現代オカルトはレベルアップを知らない/地球ではどうもレベルアップしないみたいで、異世界帰りの大樹はレベル差により最強」ってところですが、その部分が揺らぎそうで今後どうなるか気になります。いうて大樹は異世界側でも勇者をやってたくらいなので最強クラスではあるのですが…単純なレベル差ではなくなった場合どうなるのかは興味ありますね。

 この前提が崩れると主人公の「現代最強」にも疑問符が出てきてしまうようにも思うので、物語の根幹に関わることだとは思いますから。異世界帰還者が敵か味方かにもよるけど、あんまり味方っぽくはないよなあ…