怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

ほんわかどたばた日常している異世界マンガまとめ

 異世界転生は癒やし。みたいな感じでどんどん読んでる種類が増えていっている異世界転生マンガをちょっとずつまとめていこうかと思ってます。

 ざっくり読んでる感想みたいな感じで。

 異世界系の物語って大別するとほんわかした平和なものと冒険チート無双みたいなものがあると思うのでそんな感じで分けてみてます。分類は完全に個人の主観。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (1-4巻)

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 4巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)

 社畜ー過労死のコンボからのんびり異世界に転生したアズサ(不老不死)が日課でスライムを300年倒し続けてえらいレベルになってからスタートするほんわか田舎スローライフの毎日。だいたい女の子しかいなくて良い。百合ではなく仲良しっぽいのが良い。あとスライムがかわいい。

異世界のんびり農家 (1-3巻)

異世界のんびり農家(3) (ドラゴンコミックスエイジ)

 現世では病気で命を落とした主人公・火楽が健康な身体を願って異世界に転生して文字通りイチから村おこし。巻が進むごとに人外の嫁がどんどん増えてく。村はどんどん発展していくんですがその割には坦々と進んでるところもあって、なんか村の歴史書を読んでいるような感じになるところもあります。説明多めだからかもしれない。

アラフォー賢者の異世界生活日記~気ままな異世界教師ライフ~ (1巻 )

アラフォー賢者の異世界生活日記?気ままな異世界教師ライフ? 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)

 VRMMOゲームのボスに殺されたと思ったらステータス最強のまま異世界にいた。そんな感じで転生した大迫聡(40)。

 それでたまたま助けた貴族のお嬢様セレスティーナの家庭教師に収まって過ごしていく感じの日常です。おっさんのやる気のなさが実にわかる。

 バトルシーンも結構あるのであんまりほんわかだけではないかもしれないけど基本は家庭教師ライフだからって感じです。

メイドから母になりました (1-4巻)

メイドから母になりました 4 (Regina COMICS)

 異世界に転生した元女子高生のリリーが転生先でもメイドとして大活躍してたところ、宮廷魔法使いの引き取った養女の面倒を見て欲しいと頼まれて始まるイケメンに囲まれた子育て生活。少女漫画だ…(レーベル的に女性向けです多分)

 なんとなしに読み始めてたんだけどどたばたした日常(とイケメン)にリリーが振り回されつつ過ごしていくのをなんとなく続きを楽しみにしている自分がいたりします。リリーが結構自立している女性として描かれている感じも好感度高いのかも。

異世界でカフェを開店しました。(1-6巻)

異世界でカフェを開店しました。 6 (Regina COMICS)

 突然異世界にトリップしてしまった主人公の理沙がカフェを開店しました。タイトルがわかりやすくて良いです。

 (現代を基準にしてしまうと)メシマズな異世界でゆるやかにカフェを経営しつつ料理文化を発展させていくような感じです。異世界チートの味付けとして割とよく出てくるマヨネーズとか醤油とか、そういう類いの延長なのかも。カフェでクッキングなのでほんわかして平和です。

就職したら異世界に派遣されました。 (1巻)

就職したら異世界に派遣されました。 (Regina COMICS)

 就職難で連敗中の倉橋深夕がハローワークで紹介された職場に行ったら異世界に派遣されました。分かりやすくて良い。月給50万が高いのか安いのかはわからない…

 あんまりそうすごいチート能力持ちってわけでもなくて、やっていることは異世界に住み込みで調査みたいな感じで、トラブルでどたばたとしたりしてって感じの日常ですがなんとかがんばってやっていくハートフルストーリーです。

今日からCITY HUNTER (1-3巻 )

今日からCITY HUNTER  3 (ゼノンコミックス)

 アラフォーのCITY HUNTERファンだった青山香(西園寺沙織)が転生(?)した先がマンガ「CITY HUNTER」の新宿で、獠や香や海坊主たちとあのマンガのような事件と日常を送っていくある意味究極のドリーム…

 沙織は特別な能力は無いもないんだけどシティーハンターのネタバレを全部知ってるから危険なシーンでも楽しめたり、でも沙織自身の行動でその筋書きから外れそうになったり…とパラドクス的なジレンマが面白かったりします。

 また「CITY HUNTER」読んでた世代からしてあの当時の空気感がすごく上手く出ててリバイバルとしても面白く懐かしいです。絵を似せてるってだけじゃなくて、コマの進み方とか雰囲気とかへの違和感が無い。

 さらに沙織の存在がIFとなってて、巻が進むにつれて原作(?)になかったオリジナル要素(?)も増えていって、だんだん「マンガとして知ってるCITY HUNTER」とは別のストーリーになりつつあるようなところも新鮮で続きが楽しみになります。

 ほんわかドタバタって感じなのか? ってところでは少し迷ったんですがんーひと言でまとめるとほんわかドタバタでもいいかと思ってここに置きました。もともとシティーハンターも冴羽獠のハードボイルド的愉快な日常と言えなくもないしたぶん大丈夫。(シティーハンターファンがすげぇはしゃいでるので)ほっこりはします。

四畳半異世界交流記 (1巻)

四畳半異世界交流記 1 (ドラゴンコミックスエイジ)

 異世界に行くのではなく、異世界からやってくる美少女おもてなし系コメディ。四畳半アパートで一人暮らしを始めたオタクの大学生、和司の部屋に異界からのゲートが開き、やってくる異世界美少女のオーダーをなんとかしていく感じのやつです。一話の途中から明後日の方向に行くのかと思ったけどちゃんと異世界おもてなしでした。

 異世界もの…よりも、異種族とかモンスター娘みたいな方向のカテゴリかもしれなくて、そういうのが好きな方はさらに楽しめるかも。コメディよりもエロコメと言ったほうが正しいかもしれないところまであるのでそういうのが好きな方はもっと楽しめるかも。

駆除人 (1-3巻)

駆除人(3) (角川コミックス・エース)

 異世界転生した清掃員兼害虫駆除業者が異世界で害虫駆除していく話。モンスターが普通に害獣扱いで殺鼠団子とか使ってくから害虫駆除としては普通かもしれないけどファンタジー的には珍しすぎる部類です。

 1巻でもう旅に出ていて世界を回り始めてたり普通にクエスト受けてる感じになってたりするんだけど、ナオキの性格や雰囲気のせいかあんまり冒険って感じがしなくてゆるい感じ。

つづき

 つづきはこちら

tsundoku-diary.scriptlife.jp

冒険したりバトルしたりしている異世界マンガまとめ - つんどくダイアリー

スポンサーリンク