怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

わりと好き勝手書いてるからネタバレてたらごめんね。旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

距離が急接近!どころでは!ないような!気がする!「乃木坂明日夏の秘密」3巻!【ラノベ感想】

乃木坂明日夏の秘密(3) (電撃文庫)

 ようやっと三巻目よんだ! もう完全に夫婦だこれ!

 夏休み残り一週間のデートに合唱コンクールに箱根一泊旅行箱根一泊旅行。順調にグレードが上がっているうえにご両親への挨拶まで済ませてしまった澤村善人の明日は…もう決まったようなものじゃないの…

 善人は合唱コンクールでもマンガみたいなフォロー入れるしさらっと天然タラシだし箱根一泊逃避行だし完全に好感度MAXの上だよね…「デートだよ、デート♪」って言われて「ん、分かった」みたいなテンションでさらっと了解するのもう熟年じゃん。でも他人から夫婦呼ばわりされると照れてる。この距離感。

 (他作品だが) だいたいこういう顔しつつ転がりながら読んでた。でも好き。

 明日夏はずっと善人にべったり(爆発しろっていう気ももうない)(かわいい)ではあるけど少しずつ交友関係を広げてるところとか、アキバ系の振る舞いに着々となじんでるところとか、基本的に二人の世界なんだけどそこだけでもないところは良いですね。

 それにしても綾瀬裕人、面影が髪型くらいっていうか髪型に残すのも苦労している感じなんだけど…乃木坂家は当主がこうなる呪いでもかかっているの…?

 中身は割とそのままっぽい感じがしてなくもない…春香のほうが「春香さん」って感じになっててむしろ年月を感じるように思いました。いや裕人の見た目には年月しか感じないですけど。やっぱり何かやばいんじゃ乃木坂家当主。

 みたいに前作の彼ら彼女らもだんだん出てきてて懐かしくも楽しい巻でした。

スポンサーリンク