怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

切なる願いに、壊れさていく恋心… 「Fate / Prototype 蒼銀のフラグメンツ」4巻感想

Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ (4)

 最後の陣営、アーチャーとランサー。

 この人達だったか…という感じでもあり、また運命に翻弄されていく物語でもある。

※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれません。(おいしいところはなるべく残しておきたいとは思っていますが) 未読の方、ネタバレが気になる方はここで引き返し、迷わず本作を手に取ることおすすめします。

救済を求めるマスター

 1991年に都心で発生した聖杯戦争、その欠片を紡ぐように集めていくような本シリーズ。

 とうとう最後のサーヴァント、アーチャーとランサーにスポットが当たります。

 中東では知らない人はいないというほどの大英雄アーチャーと、魔術師としては下流の家柄で、報道カメラマンとして戦場を渡ってきたマスター、エルザ・西条。

 一見して見た目はさわやかカップルというこの二人。それでも聖杯に願いを託して、このバトルロイヤルに参加してくる戦士ではあります。

 特にエルザはその在り方がもう…大切な人を失い、戦場で地獄を見せつけられ、魔術師としての弱さを現代兵器で補い、聖杯に救済を願うマスター。

 プロトタイプだなあ…性格は全然違うけど。

 そしてアーチャーも、かつてその身を掛けて平穏をもたらした大英雄。善良なるマスターとサーヴァントの組み合わせではあるのですが、それ故にか…

 愛歌さんにいいように扱われていってしまうのはつらいものがあります…

壊れていくランサー

 そして最後の陣営、ランサーとそのマスター。

 このチームは…とても…困ります…

 マスターは時計塔の魔術師であるナイジェル・セイワード。根源への到達を望んでいる魔術師らしい魔術師であり、サーヴァントも道具としか思っていない感じもまた魔術師としてスタンダードか。

 ある意味サーヴァントにとっては頼もしく、また災難なのかもしれないけど…呼び出されたのが性能もメンタルもトップレベルの戦乙女となるともう…やばい…

 というか女性キャラ闇抱えすぎじゃないですかこれ。救いは幼女くらいな気がしてきたぞ? 

人理定礎を脅かす最大の闇

 そしてその抱えてる闇の大きさで誰にも負けない感じでトップを走り続けるこのマスター、沙条愛歌。

 …いや、またなんか、すごいワードが出てきたなあ…

 というかこの願いが成就してしまった結果、起こる事態って…って感じになりまあなあ(スマホでフェイト! のほうを見やりながら

 今回はバトル多めでセイバーの活躍も結構あったりマジかよあのキャスターみたいなところもあったりしてましたけど、しかしその圧倒的ラスボス感は健在でもあり…

 次回最終巻、どこにたどり着くのでしょうね、この聖杯戦争前日譚は…