怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと788冊

【ネタバレあり】白き月の姫君と万物を殺す魔眼を持つ少年の物語「真月譚 月姫」全10巻 そしてリメイクとFGO登場はよ【マンガ感想】【完結】

マンガ マンガ-佐々木少年 ジャンル ジャンル-TYPE‐MOON ジャンル-伝奇 ジャンル-バトル ジャンル-吸血鬼
f:id:kagerou_ts:20170320000002p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 あのころの月厨はみんなアルクェイドにやられてしまっているのではよ責任とってリメイク。

真月譚月姫 10 (電撃コミックス)

※ここから先にはネタバレがあります。まあもう何年前の作品だよって話ではあるけど。いろんなところに触れているので一応。

街を襲う吸血鬼と異能者の一族を巡る伝奇ファンタジー

 小さい頃の事故で死線をさまよったが故に、「万物の死」を視るチカラ、「直死の魔眼」を手に入れてしまった遠野志貴。

 その事件からこちら親戚筋に預けられていた志貴が、父の死をきっかけに8年ぶりに本家に戻ってくるところから物語は始まり、街で発生する連続給血殺人事件、大きな屋敷に暮らす妹とメイドさん二人、吸血鬼事件のために教会から派遣された「代行者」。

 そして「死徒」と呼ばれる吸血鬼を滅ぼすためにこの街に来た、同族殺しの真祖の姫、アルクェイド・ブリュンスタッド。

f:id:kagerou_ts:20170320001227p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 今読み返しても好きなものしか入ってなくてやばい…いやむしろここからいろいろこじれた可能性のほうが高い。因果が逆か。

 この「月姫」というのはもともと同人ゲームとして制作、頒布され、記録的な大ヒットを飛ばしてメディアミックスまで辿り着いたある種のレジェンド的な作品なわけで、当時「なんかすごいぞ」っていうくらいの話題が広がっていたときに偶然手に取ってからのファンです。

 もうサブタイトルからして「BLUE BLUE GLASS MOON, UNDER THE CRIMSON AIR.」とか格好良すぎる。内容も「死を視る魔眼」なんて規格外すぎるものを持ってリビングデッドや吸血鬼と相対しメガネを外すと強くなる。これ。

f:id:kagerou_ts:20170320005146p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 どうして僕は魔眼と殺人鬼の血が覚醒しなかったのだろう…そう思っていた時期が僕にもありました…

 パートナーは今は弱ってしまっている最強の吸血鬼アルクェイドで、

f:id:kagerou_ts:20170320005406p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 実は秘密を抱えて、吸血鬼事件にも縁が深いインドシエル先輩、

f:id:kagerou_ts:20170320005636p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 8年ぶりに再会した妹・秋葉様。

f:id:kagerou_ts:20170320005808p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 そして翡翠と琥珀、二人のメイドさんと完璧。

f:id:kagerou_ts:20170320010103p:plain f:id:kagerou_ts:20170320010111p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 これで古き異能の一族とか連続給血殺人事件の真相とか教会の代行者とか666の獣を内に抱える吸血鬼とか乗っかってきてバトル&バイオレンスが展開されたらもう読むしかないじゃないですか。

 また覚醒志貴が主人公補正バリバリで強いんだこれが…まあ魔眼持ちな時点で補正もなにもないけど。

 これだけでもだいぶナイスな面白さなんですが、型月作品の真骨頂は実は巧妙に隠された謎、伏線にありまして勿論「月姫」でもソレは健在。

 ただの吸血鬼騒ぎから真相に近づくにつれてのサスペンス感もまた良いです。このへんは流石に伏せておく。

 でも、超久しぶりに漫画版を読んでみての最後の感想はどうみてもアルクェイドにべた惚れした志貴くんのラブ物語。恋心に気づてない蛇との三角関係まである。(違う。いや違わない。

 「殺したいほど愛してる」なんていいますがまさか初見で殺すとはな…これが一目惚れってやつ…

 そういうところも当時衝撃的でしたね…

 
 
 しかしええと…発売2000年のようだから、もう17年前になるのか…そうか17年か…なんだかんだいってもう結構シナリオはうろ覚えの域じゃな…

 それからしばらくしてFateが出る出るって話があってからFateが出て今まで続くとはって感じなのですが俺の中では型月といったらまず月姫です。

アルクェイドルート+という勢いの鉄壁なコミカライズ

 そんなおっさん月厨も納得のコミカライズ。これ。これが佐々木少年版「真月譚 月姫」。

 内容としてはアルクェイドルートをベースにしていて (「月姫」にもまた複数ヒロインとルートがあり、アルクェイドはその1ルートでメインヒロインではある)そこにマンガならではの追加なんかも入ってきてて本当に素晴らしい。特に秋葉VSシエル先輩とか。そのまま(アルクルート)だと秋葉全然出番無いもんな…

f:id:kagerou_ts:20170320003244p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 シエル先輩も過去話とかが追加されたりビジュアル化されたりしていて大変よい。よいんだけどこれはアルクルートなんだ。本当にすまない。

 そう、アルクルートだからいろいろと消化不良気味なのは否めないのですよね。特に遠野家方面が。むしろちょっとだけ出てくるから余計に。秋葉の能力とかヒスコハ(翡翠と琥珀)の役割とか、そっちのほうはだいぶからっきしで。離れの秋葉と琥珀で目覚めてしまった人もいるだろうに…

 またこの時空では路地裏さっちんルートに行かないのでさっちんはクラスメイトのままですね。リメイクはよ。

f:id:kagerou_ts:20170320004407p:plain

(「真月譚 月姫」より)

 逆に、アルクェイドのかわいさめいっぱい乗せな感じもあってそれは大変良い。

 中盤から後半あたりにかけては完全にアルクェイドと言ってもいいでしょう。いや最初からか。

 結果として全10巻という、長編の部類に入る巻数までいけたのですが最初の内はたぶんそんなに想定していなかったのだろうというスピードで、1巻でネロが出てきて2巻で倒されるくらいの勢いだったからあれっこんな展開早かったっけみたいな感じにもなってたりしましたが、ラストのほうは大幅な書き足し(最終巻がエピローグ1話+αという勢い、そして+αがまた重要)もありアルクルートのコミカライズとしては、原作ルートにいろいろと加えてくれた素晴らしいものになっていました

 それでもって改めて漫画という形で読むと…一気に読むと…志貴とアルクのラブでロマンがあふれてるよねこれ…

 バトったりエンタメに振ったりもしてるけど、根っこのところは志貴に対する気持ちに気づいて「感情」に目覚めていくアルクェイドと、限界を超えても絶対その手を離さない志貴のロマンス。いつもの乙女なタイプムーンとも言えるしこれがここからがタイプムーンだとも言えるしとにかくもだえる。

 もうなんか、固有結果も空想具現化も使うまでもなく二人の世界な感じがまたもだえるんだけど、この二人が行き着く結末はどこにあるのか。みたいな。月姫2お待ちしてます。

「空の境界」や「Fate stay/night」から知った人にも是非読んで

 特にらっきょ。「直視の魔眼」使いが活躍する伝奇ストーリーとしてアニメ化されて、今ではらっきょのほうが有名な感じもあるのですが。間違いないから。

 式の能力と比べると、志貴はそこから弱体化させてるなあとかむしろ感じるところもありますね。式が強すぎるともいう。

 確かもともとは「空の境界」のほうが先に作られて、式の能力を元に志貴が誕生してるからプロトタイプのほうが能力的に容赦ない法則ってやつですかねこれ。

 蒼崎さんちのミスブルーとかもさらっと出てきて橙子さんから奪ったメガネを持ってきたりするし秋葉が通っているのが礼園女学院だったりするし。そういうところから繋げていくのも楽しい。

 それと比べるとFate系はサーヴァントが存在する魔術的な話なので、死徒とか吸血鬼とかには絡んできてない(Fate時空は月姫時空とは別物で、死徒の力は強くなく、二十七祖も存在しない)ところでは…あるんですが最近はFGOが自由すぎるからどうかな?

www.4gamer.net

奈須氏: だって,僕だって「SSR アルクェイド・ブリュンスタッド」が見たいもの!

 わしもじゃ! わしもじゃみんな!!

 これが絶対回すやつだってこと、本作品をご一読していただければご理解いただけることでしょう…

 人間枠だって両儀がいけたんだから遠野もいけるって思うと紅赤朱ならもっといけるとか実に夢が膨らむ。紅い妹とか絶対回すでしょ。クラスはバーサーカーでお願いします。ミスブルーもビーム撃って参戦してほしい。これもバーサーカーか。狂しかいないな。どういうことだ。

 (ミスブルーは普通に魔法使いだから杖じゃないのという声はありそうですがダメージ二倍で被ダメも二倍のほうが青子さんっぽいでしょ)

 またこのルートでは残念ながら出てこなかったいろいろ、固有結果とか、魔導元帥ゼルレッチ伯(あのNP80%チャージの概念礼装の爺様。Fate時空でも死徒なんだろうか)とか実は月姫のほうでも重要キャラだったりしたりして、裏では密な感じになってるんですよね。それから死徒第一位、プライミッツ・マーダーさん。まさかのプライミッツ・マーダーさん。ムラサメ研究所出身かなんかですかほんとに。まあプライミッツ・マーダーさんもこのマンガには全然でてこないですけど。

 あとヒスコハは。プリヤは知ってるけど月姫知らないという人は是非読んで。あのカレイドステッキここからだから。

 でもアルクルートメインのこのマンガではコハッキーのコハッキーぶりはあんまり伝わらない可能性ある。ちょっとお茶目なお姉さんくらいしか伝わってない可能性ある。やはりリメイク…いやコハエースのほうがいいのか。でもアレはアレで元のこれを知らないと…うーむ。

 というかリメイクじゃなくてもいいから…DL販売とかしてくれんものかの…さすがにこれだけ公式ネタにしてるのに幻の作品扱いってつらすぎるじゃろ…

 ともかくタイプムーンの出世作とも言うべきこの作品、コミカライズでも十二分に、いやコミカライズだからこそ伝わる面白さがあるはずです。もし未読の方は是非。

 今の時代は電子書籍があるからすぐに全巻買えて安心じゃよ。でも見開き多めなので、読む環境はできれば大きい画面が良い。

f:id:kagerou_ts:20170320032224p:plain

 奈須きのこの帯コメまで収録されてるから完全無欠。

 あ、シエル先輩は学食でカレー食べてる版だからだいじょうぶだよ。


tsundoku-diary.scriptlife.jp