怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと790冊

衛宮士郎、その「兄」としての激闘 「Fate / kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!」8巻感想

マンガ マンガ-ひろやまひろし ジャンル ジャンル-TYPE‐MOON ジャンル-バトル ジャンル-Fate ジャンル-熱血 ジャンル-魔法少女 ジャンル-魔術

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!(8)<Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!> (角川コミックス・エース)

 めっちゃアツい。控えめに言って最高に少年漫画。

 士郎が語る、「美遊の世界」で起こっていた過去編です。

ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれません。(おいしいところはなるべく残しておきたいとは思っていますが) 未読の方、ネタバレが気になる方はここで引き返し、迷わず本作を手に取ることおすすめします。

士郎と名も無き英霊の激闘の記録

f:id:kagerou_ts:20161126192031p:plain

 前巻からのVSアサシンから始まる、士郎がこの世界でどう戦い、美遊を送り出したかという過去編。

 もう出だしからバトル&シリアス全開で、覚悟を決めた士郎のその思いに英霊の座についた彼が応えたのかと思うと本当に…もうね…

 タイプムーンお得意の平行世界ではあるけれど、それでもなんか衛宮士郎の在り方が認められたようで嬉しい気持ちあります。

 黒歴史扱いだったほうが不憫になるところまである…どうして差がついたのか…やはり妹か…

f:id:kagerou_ts:20161126193412p:plain

 そしてこの、クロが大切なものを確かめられたような表情ほんといい。ほんといい。

エインズワースとの戦いと美遊の行方

 過去語りなので結果は決まっていることなのですが、この戦いの結末として美遊はイリヤたちのところにやってくる(プリズマ☆イリヤに続く)ということになるわけです。すごい繋がり方をしたなあ…

 マジカルステッキで凛とルヴィアが抗争してたころが懐かしいですねほんと。

 この結末も、士郎が「正規の味方」ではなく「美遊のお兄ちゃん」として戦い抜くことを決めたゆえに行き着いたもので、並々ならぬ覚悟とそれを後押しする英霊の力が引き起こした、運命に抗う感じがまた最高。

 ほんと終盤での士郎の在り方、そしてあの無銘の英霊を士郎が夢幻召喚し続けるとはそういうことになるのか…というあの展開。この余すところのない少年漫画的Fate嫌いじゃないですほんと。

 でもジュリアンは存外あっさりしてたような気もして、まだやっぱり何を考えてるのかわからないところあります。

明かされていくことで深まる謎

 そして、それらの話を踏まえて、またアンジェリカや田中さんからの話なんかもあって。

 情報が開示されるほどまた、分からない、読めないところが出てきます…

 結局、ダリウスの意志は一体何なのかというところなのかもしれませんが。

 また、もともと誰からも想定外だった、この世界にやってきてしまった「イリヤスフィール」の存在はどのように影響していくのか。中盤を回った感じが出てきてさらに続きが楽しみですほんとに。

f:id:kagerou_ts:20161126195421p:plain

 それはそれとして今巻、地味にクロのかわいさが俺の中で上昇していくの止められない。FGOイベントクリアして霊基MAXまで上げた甲斐がある。

 放送していたアニメもネット配信しています。劇場版までに是非!

(Amazonリンク)

anime.dmkt-sp.jp