怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

紙の本と電子書籍の値段が同じでも私が電子書籍を買ってしまう3つの理由

気持ちは前回のそれの続き。

 

digital-editor.hatenablog.com

の最後のほうに、電子書籍はやっぱり普及がいまいちという話がありまして。

 

 しかして自分を振り返ってみると、むしろだいたい電子書籍での購入なんですよね。

紙の本と電子書籍、お値段同じだったとしても電子版を選んでいる。

 

なので私がそうする理由を整理してみました。

  

はやい

 これはもう面白そうだというのを見かけたらポチー!

 すると数分~十数分後には端末にドサー!

 

 このスピード感…あと外に出なくてもいい…買うしかない…

 本屋さんで眺めて買うのも好きですけど…夜中とかだとね…とかね…

 

実際安い

 前回のそれでは 「これは安くならないわ…」という感想を作り手側の気持ちで持ったのですが、現実的には電子版のほうがお値段安く設定されていることのほうが多いです。

 それに加えてポイント還元、さらには期間限定割引なんかで場合によってはだいぶおかしな値段になることも…

 

 やっぱり買う側としては、そういう状況だと買うしかない。

 

無限に購入することができる

 

 部屋のスペースが物理的に消費されない。

 

 いいですか、これ、最大のメリットです。

それに加えて、いつでも出し入れできる、検索も整頓もさっとできる…

なんだこれは…魔法か…買うしかない…

  

その結果

f:id:kagerou_ts:20160114234907j:plain

ご覧の有様だよ!

 

 

そうそう、個人的におすすめの電子書籍ストアをまとめたのはこちらになります。

kagerou-ts.hatenablog.jp

よろしければどうぞ。