怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと790冊

「アンゴルモア 元寇合戦記」5巻感想 安徳天皇との邂逅につかの間の休息

マンガ マンガ-たかぎ七彦 ジャンル ジャンル-歴史 ジャンル-社会 ジャンル-戦争

アンゴルモア 元寇合戦記(5)<アンゴルモア 元寇合戦記> (角川コミックス・エース)

 九州・対馬に攻め入ったモンゴル軍との合戦を描く本作、今巻では刀伊祓の里に逃げ込み一息というところ。

 

 安徳天皇壇ノ浦の戦いから落ち延びていて義経の刀の話をするところとかは、おお伝説だ…みたいな感じになるのですが安徳天皇っていうとあんとく様のほうが出てきてしまってあんとく様だ…みたいになるのほんとにこれ。

 劇中でも人間離れした長寿みたいな感じで描かれておりやっぱりあんとく様だ…

 95歳っていうと、今の感じからしても長生きだと思うのに当時からしたら倍くらい生きてる感じになるんじゃないか。あんとく様…

 

 全体的には朽井たちが刀伊祓のところに逃げ延びて守りを固める、という流れで、だいたい穏やかな感じだったけど、そのぶん次巻は派手にぶつかりそうな予感もあります。

 対馬側の勝利条件はモンゴル軍の殲滅とかではなく、被害無くやり過ごすことですからこのままそっといなくなってくれるのが一番なんでしょうけどもね。

 

 モンゴル軍が対馬を去るまで、あと5日。

ここまでで4日ということは折り返し。遠い。

 

bookwalker.jp