怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと788冊

「氷室の天地 Fate/school life」9巻までまとめて感想 平和なFate時空や…(だんだん不穏

マンガ マンガ-磨伸映一郎 ジャンル ジャンル-TYPE‐MOON ジャンル-四コママンガ ジャンル-日常 ジャンル-ギャグ ジャンル-Fate

氷室の天地 Fate/school life: 1 (4コマKINGSぱれっとコミックス)

 氷室鐘、蒔寺楓、三枝由紀香の陸上部三人娘が主役の聖杯戦争とは一切関係ない学園ドタバタ4コマストーリー。

氷室のメ鐘軍師っぷりとかマキジの突撃っぷりとか由紀っちは癒やし。なんなのこの昭和の子…ええやん…

綾香は完全に謎の雑草集める人になっていたりするし謎多い。三綴さんは乙女。

それに学園日常生活なので凛が猫かぶってるさまがずっと続くのなんか新鮮です。中身は変わらないけど…

 

 という、Fate本編を知ってると「ああーああー」という感じになることうけあいなんですが沙条綾香がさらっと準レギュラー入りしてるの見て「ああー ???」みたいになるところとか不意打ちで飛んでくる裏Fateみたいな状態にしびれるところもある。

ある意味前日譚みたいなものですものね。時空は違うかもしれないけど。

それにしてもロンドンスターさんゲームならほんとどんとこいやな。

 

 そしてハチャメチャが押し寄せてくるように繰り出されるネタとパロディの数々。ほんとすげぇ! 全部わかるのか! いやわからん! ごめんなさい!

唐突に始まる残念系歴史ウンチクとかほんとになんだこの流れ! 基本的に日常系ギャグ漫画ですもんね!

ネタ的には結構有名なところばかりだと思うので見れば「あー」ってなる感じではあるがほんとにフラッシュな感じで次から次へと自然に出てくるのどんだけ引き出しあるんやみたいな感じ。歴史とかすごいわ。

(余談だけどこの作者の艦これ同人誌の仮想戦記が次々出てくるやつもマジですげぇと思ってる。世の中は広い)

 

 エピソード的にいうとクリスマス会が一番ウケてた。あの電飾と山羊と踊るサンタクロースはやばい。

 

 でもだんだん時期が冬に近づいてきている。9巻ではもう片足つっこんでる。

開始したときは二年の春だったのに…平和な学園ライフが…

 さすがに聖杯戦争に時間軸が突入したらどうなってしまうのかというのは本当に不穏な空気が漂ってきていて目が離せないところです。

綾香はなんとか聖杯戦争から皆を守ろうとしているみたいだけど。それでも原作通りにいくと葛木先生とかワカメとか…

Fateもマルチエンドだったし、全てがギャグで終わるschool lifeエンドみたいなのもあるといいなと思いながらですね。