怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

化け物には化け物をぶつけるんだよ! 「貞子vs伽椰子」がAmazonプライムに来てたぁぁぁっ!

貞子vs伽椰子

 やべぇぇぇぇっっっ!!!

怒濤のジャパニーズ怨霊頂上決戦!

 「リング」「らせん」で日本ホラー映画ブームに火を付けた貞子。レンタルビデオから始まりその恐怖から映画化、長くシリーズ化されてきた「呪怨」の伽椰子。

 おそらくどちらも聞いたことはあるかな、と言えるくらい有名な怨霊ですが果たしてその二体が獲物の取り合いを始めてしまったらどうなってしまうのか…

 日本ホラー映画を代表するであろう2作品の、まさにいいとこ取りをしたような作品です。

 公開は2016年6月18日。ちょうど一年ほど前ですね。当時観に行った感想なんかもあります。

「静」の貞子と「動」の伽椰子

 改めて見直して思うのは、貞子と伽椰子の呪い方の違い。

 すすーっとやってきて呪い殺す、ある意味由緒正しい呪い方をする(そして独占欲が強い)貞子と、家に踏み入ったものを容赦なく捕食していくアクティブな(もはやクリーチャーな)伽椰子&俊雄。

 この二種類の呪い方によって場面に緩急がついているのか、最後まで見ていて飽きがきません。ずっと誰かしら呪い殺されてるんですけど。

 伽椰子さんは肉食系(物理?)で間違いないんですけど、じゃあ貞子が大人しいかっていうと…大人しいかっていうと…

 THE・怨念の塊みたいな存在ですからね。あの邪眼、ほんと痺れる。

 そしてラストは何度見ても衝撃と感動に震えます。いや本当に。いろいろな意味で。裏庭からEDまでは個人的に一番の名シーンだと思ってます。

 当時はハートフル百合ムービーとかいう話もありましたしわかり合ってしまったのかもしれない。

 よくよく展開だけを見ていくと、だいたい作戦とかが雑な感じ悪い方悪い方に転がっていった挙げ句のアレかよってなりますしほんとマジかよって感じですよね。だがそれがいい。

 「リング」「呪怨」の続編ではなくオマージュでありパロディでもあり。そしてリスペクトは忘れない。両作品のファンならより楽しめるのではないかと思います。ああもう是非。

プライムには特別映像もあった

f:id:kagerou_ts:20170621003820p:plain

(「映画「貞子vs伽椰子」特別映像」より

 本編見終わってからだとおまえーーーっってなるやつ。

 いわゆるメイキングってやつですね。劇場で見た方も是非。

 撮影現場の映像など見ていると、ほんと役者さんってすごいなと思います。暗くて怖い場面の撮影があんな明るくて人いっぱいいるのに、撮影開始の合図からすぐあの演技に入れるのほんと凄い。

 あと伽椰子さんの動作って冷静に見ると腕つらいな。階段、頭から四つん這いでカクカクしながら降りてくるんだもんな…

貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子