怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

【ブログ12ヶ月目の振り返り】 あけましておめでとうございます! 【あと790冊】

 あけましておめでとうございます!

 旧年は本当にお世話になりました。いや、見ていただけるだけでほんと。

 年も変わったことですし、12月と2016年とをまとめて振り返ってみたいと思います。

始まってからも丁度1年くらい

 このブログを始めたのがちょうど去年の1月から。切りの良い感じですね!

 …ええ、平均一日一記事更新、365記事は達成できませんでした…

 ぐっ…ぐっっっ…!

 
 
 始めたばかりのころは月40とか平気で書けててそのペースなら可能性あるかと思ったんですが可処分時間がなかった。

 思えばあの頃は(半ば無理矢理に)定時で帰ってた…

 
 
 いやね、定時で帰ると本当に自分の時間があるんですよ。この前たまたま帰れたときに痛感した。

 ちょっと買い物してご飯食べて軽くネット見ながらお風呂入ってもまだ21時とかなんで。そらいろいろできますて。

 逆にいうと、やはり日本が停滞しているのはこれに時間を食われすぎているのかもしれないですね。残業は悪い文明。

 今年の根源的な抱負は可処分時間を増やすことです。何卒よろしくお願いいたします。

タイトル問題とGoogle先生

 それで12月もいろいろと読んでおりましたが俺的に話題になってたのはやはりこれ。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 内容はもちろんなかなか悶えるいい話なんですがたぶんみんなタイトルに惹かれてますよね(にっこり

 実はこの記事、公開してからしばらくしてこのページだけAdSenseが消えるという珍事に見舞われまして最初何か設定ミスったかと思っていろいろ確認していたのですが根本的にタイトルを見てあっ…察し素直にAdSenseの問い合わせから「このページ広告出ないんだけどなんでー?」って投げてみたら翌々日くらいにはしれっと治ってた。

 機械的ジャッジかなんかに引っかかったんでしょうね…Google先生すらも惑わすタイトルの威力。みんな好きね(にっこり

 それから3月のライオンは全くこんな熱い話だとは思ってなくて俺的にヒット。俄然続きが気になる。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 全く予想外だといえば逃げ恥。これも「ドラマでなんか名前は聞くな-」って程度の認識だったんですけどまさか仮面夫婦が右往左往しつつ恋をはぐくんでいくラブコメディとは思わなかった。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 普段、もはやあらすじかよってくらい直球なラノベタイトルに慣れていると普通に気づかず流しちゃうから困る。

 その点、「姉なるもの」や「冥土メイドインアビス」はちゃんとわかりやすいからみんな読もうな。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 「メイドインアビス」アニメ化おめでとうございます! 楽しみです!

 
 あと変わり種としては、名古屋のあたりにVRアトラクションが出来たので行ってきました。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 視界全部が覆われているのと、専用筐体が合わさってだいぶ次元の違う体験でしたね…お近くの方は是非一度。

 
 
 一年間を通しては、いろいろと浮き沈みありましたがアニメやってる間のプリヤ人気がだいぶ牽引してくれました。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 みんな魔法少女好きね(にっこり

 それに釣られてか、タイプムーン関連でもそこそこアクセスあって嬉しいのですが一番がこれ。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 運営…

 いやほんと、なんで禁止してるかわからんけどやめたほうがいいんちゃう? 結構知らずに引っかかってる人いるみたいやで…?

 ロードエルメロイ5巻やFGOマテリアル3も出たのでまた感想書きたいと思います。ラビリンスとかも読んでるしアポクリファアニメ化とかもあるし来年は大変や。

 あとライブの後あたりからデレマス楽曲まとめが地味に伸びてきてるのうれしい。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 みんな聞こう全部。

 
 
 またコンテンツに直接関係ないところで、電書のリリース日をまとめてみたら結構な反響で、みんな気にしてたんだなあって思いました。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 これは最近も、12月に発売されたラノベが「売り上げが問題で年明け早々に進退ジャッジされそう…」って話があっておーっ? と思いBW見たら電書版はまだ出てない(ダッシュエックスは1ヶ月遅れじゃん!)みたいなこともあってああ、まだまだ電書は戦力としてカウントされてないんだなって思いました。

 売り上げによって継続ジャッジ自体は仕方ないとは思うのですがこっちからしたらそもそも売ってないやんって感じで、なんというかまあ。

 (念のため断っておくと、作品と著者の方に罪はないです。出版の方向性や機会損失の責任は編集部が負うべきことだと思うし。作者が電書で出すの嫌だとか言っているならまた話は違ってきますが)

 電子書籍の市場は年々拡大していますから、今年こそは戦力としてカウントされるくらいになってほしいかなと思います。

 
 
 ちーなーみーにー、年内集計で一番PVが多かったのはこちらの記事。

tsundoku-diary.scriptlife.jp

 いろいろついでに見ていただけたのでしょうか。ありがとうございます。気になる本が見つかりますように。

 僅差で次点がFGOサポート、その次がプリヤのネタバレという順になっているのでFGOはほんとあの仕様やめたほうが良い。

PVの話とか

 12月のPV数は19,458PV。

PV
2016/12 19,458
2016/11 20,473
2016/10 28,772
2016/9 46,886
2016/8 46,275
2016/7 32,067
2016/6 18,347

そして年間トータルでは249,461PVとなりました。

 うーん…って思うんですが、でもですね。これははてなブログのアクセスカウンターの数値でして。

 最近気づいたんですがこいつAMPカウントしてくれてない。

 それらもカウントしてくれるアナリティクスのデータだと、12月は23,173ユーザー、30,472PVとなっています。

 またアナリティクスでAMPアクセスの割合をみると、10,539PV (34.59%)となっていて大体一致する。

 何が言いたいかというとはてブははよAMP正式対応はよってことです。

 
 
 それはそれとして、数字として停滞気味なことには違いなく。トレンドに影響されまくっているとはいえ、見に来てくれた方に面白い情報を提供できているのか不安になるところはあります…

 読んでいる本も続き物だけで手一杯になりがちで、新シリーズは作家買いを優先させてしまったりするところもあるので、今年はもっと手広く読んで、紹介していけるようにしたいですね。

1月の、そして2017年どうしていこうか

 全体としては可処分時間を増やすという大項目があり、それがまず達成されないとどうしようもないところはあるのですが、このサイト的には続刊シリーズに加えて、新シリーズも積極的に増やしていきたいと思います。

 あと、ライトノベルなど活字をもっと増やして。マンガはだいたい読めば分かるみたいな感じになるけど、ラノベはいうても時間とか掛かるし、誰かしらの読んだ情報が参考になる度合いが大きくないかなって思うので。

 だから目標としては毎月全く手つかずだったラノベの新シリーズを3冊以上、感想に入れていきたいというのはどうかなと思います。

 それから平均1日1記事。こっちは努力目標になりそうなところありますが…

 1月の目標もまずこれかなあ。

 文章を書くとき、結構まとまった時間を取って一気に書きたいという感じになってて、でも2~3時間という時間が平日取りづらいからずるずる溜まって、というループになっているので、小分けに書き進めることができるようにしてかないといけないですかね。

 
 
 
 何にせよそんな感じで、今年もよろしくお願いいたします。

 本サイトで、面白いと思える作品と出会うことができましたら、幸いに思います。

 
 
 
 
 
 ちなみに、ですが。

 2016年1月末の時点で、残り805冊

 2017年1月始めの時点で、残り790冊

 今年書いた本の感想、ジャンルで見るとマンガ(130)+ラノベ(119)+小説(8)+本(12)=259

 おわかりいただけるだろうか…

 意外とマンガとラノベが拮抗してるなあ。(そういう話ではない