怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

これからブログを始める人へのキホンのキ! 「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」感想

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 日頃からお世話になっているツールの制作者の本だったのでふと手に取ってみたらば、具体的な指南がぎっしり詰まった良い本でした。

「ブログを運営する」ということの具体的な基本

 弊サイトでも使用している「カエレバ」「ヨメレバ」の作者でもある、かん吉氏の書籍。

 考え方みたいなところももちろんですが、「Wordpressと無料ブログどっちがいい?」「ブログ名を決めるには」「ドメイン名を決めるには」などスタートするときに地味にどうしようかなって思うところが拾われている感じがして、ブログ本というより初心者向け専門書という印象です。

 内容の信憑性についてはまさに当人がそのように成功されているノウハウであり、逆に言うと自分の成功した方法を分析しまとめたものでもあります。

 (私も数あるブログ本から本書を手に取った理由は、「あっヨメレバでお世話になってる人だ」でしたからね…それがいかに「計 画 通 り」だったのかは本書を読めばわかる)

 これは精神論ではなく方法論。なのでノウハウとして取り入れられるものを取り入れることはプラスになるでしょう。

細かくまとめられたノウハウの数々

 肝心のノウハウについて。ブログをだいたい1年続けてきた私の個人的な感想としては「そうそう、そうですよね」という感じです。

 でも、その「そうですよね」というところが具体的に言語化されて、知らない人が読んでも「そうなんだ」って思えるようになっています。

 書かれているノウハウはそれぞれの項目に区切られていて、だいたい2P、つまり見開いたページで完結していて読みやすい。

 また、必要になるツールについてもスクリーンショット入りで説明されていたりして、「実際これはどうすればいいの?」というところをフォローしてあるのも、実戦するためのハードルを下げています。そのあたりがシームレスに繋がっていて、「とりあえずこうすればいいのか…?」という挑戦に結びつく流れを作れています。

 たとえば「反論を恐れず意見を言え、万人に好かれるというのはそもそも無理」という話の後に、「では反論を少なくするにはどうすればいいのか?」「いい炎上と悪い炎上とは?」というフォローが入っていて、最後に「ハードルが高いと感じる場合は練習してみましょう」、というような流れになっています。

 他にも「タイトルの付け方」「最後まで読まれる記事の書き方」などがコンパクトにまとめられていて、というかこの書籍が実例みたいな感じでもあってノウハウについてはある意味この本がいい感じだと思ったらそういうことなのだと言えるのかもしれない。  
 
 
                                                                                                                                                                 
 
 書籍の全体的な方向性としては、「読者(ファン)を増やせば結果はついてくる」というもので、ともかく読者のために、という姿勢が前面に出されています。

 その方法としても検索エンジンの隙を突くブラックハットじみたものではなく、「読者が読みやすいようにサイトを好きになってもらえるように書く、するとまた多くの人に読んで貰える」という王道的なものです。王道が一番つよいということがよくわかる。

 人気ブログになれるかどうか、という話をしちゃうと(ブログに限らずこういうコンテンツ的なもの全般な話でもあるけど)実際面白ければウケるという身も蓋もない話に集約されてしまうのですが、著者の方も「高速道路」と言われているように、そこに行くためにあらかじめ知っておくと助けになること、を知ることができます。

これから始める人にも、始めてみているひとにも

 「ブログ飯」がとにかく打席に立て、立ってバットを振れという教えなら、本書はそのバッティングフォームを教えてくれる感じ。

 また、お客様ファーストな集客術については、ブログに限らず言えることかもしれないですね。

 これからブログを始めてみようかなと思う方、すでに始めているけど日が浅い方などは、まず一読してみてはいかがでしょうか。

 とくに、少しでも始めている方は、自分のやっていることと照らし合わせて見ることが出来るのでよりわかりやすいかもしれません。

かん吉氏のサイト「わかったブログ」

www.wakatta-blog.com