怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと790冊

「ステージ・オブ・ザ・グラウンド」感想 くそったれなどん底の街にやってきた転校生! そして始まる青春野球ストーリー!

ライトノベル ライトノベル-蒼山サグ ライトノベル-ひのた ジャンル-野球 ジャンル-スポーツ ジャンル-青春 ジャンル-NEW!

ステージ・オブ・ザ・グラウンド (電撃文庫)

 ちょっと作者の名前二度見しましたが、読み終わってみるとすごくまっすぐな青春野球物語、始動編という感じでした。ええ。

愛知の田舎でくすぶる日常から

 舞台は愛知県常滑市という寂れた感じの地方都市。飲み屋の息子でおっさん(酔っ払い)たちの草野球に毎回引っ張り出される楠田幸斗、そのお隣さんで幼なじみの筧川卓。

 昔は少年野球をしていて「もう野球はいい」といいながら草野球に律儀に参加する幸斗の未練っぷりとか、そんな幸斗の様子を眺めたりバッティングセンターで見事なバッティングを披露したりしつつも、やっぱり「もう野球はいい」と本格的には取り組まない卓。

 前半はこの二人の様子とか常滑のしょんぼりっぷりとかがクローズアップされていてなんていうかやり場のない気持ちになります。
(常滑は行ったこと無いんですけど作中の描写は幸斗の心証がだいぶ反映されてると思いますからきっといい地方都市だと思いますよ?)

 さらに幼なじみだった女の子、望月渚は女子力超高い女子高生になっちゃってるし…

やってくる転校生

 そんな二人の運命を変えるのが、この時期に転校してきた佐原剣。実はこの剣も小学生のころに一時的この街にいて、幸斗たちと野球チームを組んでいたことがあるという幼なじみでもありました。

 ポジションはピッチャー。その特殊な手の形から、投げるボールが自動的にスライダーになってしまうという特徴をもつ天才投手で天才によくある空気読まなさ。

 幸斗はその少年時代に捕手をやっていて、またバッテリーを組む、そのためだけに戻ってきたという剣。

 その空気読まなさが逆に、この鬱屈とした空気をぶちこわしていくところが、すごくまっすぐに青春ですわ…

 ここから幸斗たちの、完全に出遅れた高校野球ストーリーが始まるわけです。

まずは野球部に

 そういうわけで野球部に入ること、しかし転校生の剣はともかく幸斗や卓はそのやる気のなさが知れ渡っているようなもので、まずはそこからが試練になるという…ある種王道かもしれませんがそのまっすぐさがいい。

 話の筋としてはまっすぐなんだけどやり方は喧嘩上等みたいになってるのもさらにいい。この三人のカムバックにふさわしい無茶をする…

 幸斗のおじさんとか周りの大人もさらっとサポートに入ったりするところもまた結構好きです。監督(渚の父親でもある)もな、偏屈で頑固だけど親父だなあ…みたいなふうに思ったり。親子そろってちょろい。

 電撃文庫としては珍しい高校野球もので作者の名前二度見したりしましたけど、王道かつ少しひねったところから球が飛んできてやっぱりストライク、というスライダーのような一冊だったかもしれないです。

 僕は渚さん応援しています。ここには小学生いないから安心してがんばってほしい。まさか他の幼馴染みがライバルになることはないだろう…