怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

「賭ケグルイ双」1巻感想 ツインテ賭博黙示録的前日譚開幕!

before

f:id:kagerou_ts:20160316210232j:plain

f:id:kagerou_ts:20160316210242j:plain

 

after

f:id:kagerou_ts:20160316210259j:plain

どうしてこうなってしまったのか

 

気になる方はこちらをクリック!

賭ケグルイ双(1) (ガンガンコミックスJOKER)

 本編より遡ること一年前、早乙女芽亜里が百花王学園に転入してきたところから始まるストーリー。

…という「賭ケグルイ」本編まではまだ行き着いていませんけれども。

 なのでafterにどうやっていきついてしまったのかはまだ謎に包まれていますけれども(何

 

転入生という立場の芽亜里

 この学園がギャンブル狂の集いになっていることなんか全く知らずにやってきてしまった芽亜里ですが小学校のころの友達、花手毬つづらと偶然再会、この学園で上りつめていく決意をします。

 学園は生徒会長に牛耳られているのは変わらずなので、元庶民がギャンブルでのし上がっていくサクセスストーリー的な流れになる感じなのかと思いきや3話目にしてえらいことに巻き込まれていく感じしかしない。この展開の早さ。

 このへんのモチベーションが同じ転校生でも夢子とは全然違いますね。地に足ついてるっていうか。夢子は完全に破滅型やもんな…

 

 でも無茶な博打につっこんでいくところは流石ツインテちゃんや!

 そして肝心なところでぬかってしまうのも流石ツインテちゃんや…

 

 ゲームについても(今のところ)1話決着という流れで何年も引っ張らないので安心です!

 

ただゲームに勝っていくだけではない

 なんで勝負もただ勝っていくだけではなくて、資産を積み上げていくのが目的になってる。それで賭場経営という、ある意味胴元としての勝負をかけていくことになるのが面白いなと思います。

 博打の打ち方も、イカサマでもなんでもして勝率を上げていくというスタイル。なんかこう堅実な感じがある。でも博打ってそういうもんでもあるでな。

 

そんでもって経営に乗り出した結果

f:id:kagerou_ts:20160316212907j:plain

Yes!

 ナイスアシスト戸隠先輩と言わざるを得ない…つづらのほうはロングスカートなのも理解している…ナイスアシスト戸隠先輩…

 

この話が本当に本編に繋がる…のか?

 …という疑問が逆に尽きないんですよね…(何

 主人公主人公していてとても本編1巻のアンダードッグ的なそれと同一人物とは。

 4巻まで進んでいる今のツインテちゃんからすると違和感ないので、連載進むにつれ性格変わるのは運命なのかもしれない。

 前日譚系の話でよく思うのは、こっちのメインキャラが本編に出てこないことに違和感って感じなんですがそのうち本編に出てきたりするんでしょうかね。芽亜里の交友関係は全然書かれてなかったからなあ。出てきてないだけならいいけど、こういうマンガだと退場してる可能性捨てきれないからなあ。

 

 逆にここからどうやったらどうなってあそこに行き着いてしまうのか、という意味でも楽しみです!