怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと790冊

「第3のギデオン」1巻感想 貴族と民衆が交差するフランス革命前夜譚

マンガ マンガ-乃木坂太郎 ジャンル ジャンル-歴史 ジャンル-正統派 ジャンル-邪悪 ジャンル-革命

第3のギデオン 1 (ビッグコミックス)

 

 時は1788年10月、パリ近郊。エロ小説が脱稿されるところからすべては始まる。

違うそうじゃない。

 

 フランス革命前夜といえるタイミングで、第三身分(貴族でも聖職者階級でもない、要は平民)であるギデオンと貴族階級のジョルジュが出会い、ともに今の国を変えていこう、という目的のもとに進んでいく流れ。

 ギデオンは純粋まっすぐっぽくて幼なじみのジョルジュを信頼し、ジョルジュもギデオンには心を許している節があるのだけれどもそれだけにこのジョルジュの天使の皮を被った悪魔っぷりが最高にしびれる。おいおいこいつマジかよみたいな。

 目的のために手段を選ばない、とかギデオンの信頼を利用している、とかそういうののほうがマシだったんじゃないかっていう、もっとおぞましい何かがジョルジュの奥底に渦巻いているのを感じる…

 結果的に見たらギデオンの気持ちは裏切られているとは思うんだけど、涼しい顔して「だから何?」って言いくるめられて終わる。

 

 ギデオンの目的は、民を救うこと。

 ジョルジュの目的は、すべてを地獄へたたき落とすこと。

 歴史的にはフランス革命という行き着く先は出てしまっているのですが、その狂騒の中でギデオンたちの行き着く先が気になります。バッドエンドの予感しかしない。