怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

もっと広まってくれると本当にありがたい同人誌の電子版の話

y-nakase.hatenablog.com

 

 コミティアで同人試と電子書籍についてお話された内容とのこと。

紙本もいいけど電子出版もね! という感じでBOOK☆WALKERさん推し(そも企画がBOOK☆WALKERみたいなのでそりゃそうか)という内容です。

BOOK☆WALKERは個人的にもよく使うストアでそこに異論はない。

 

しかし、そんな「紙好き」なコミティア常連に次の二つの質問をすると、

大概の人は固まります。

 

「あなたの書庫にはまだ本を追加して大丈夫?」

「3年前に買って読んで感動したあの本を5分以内に取り出せますか?」

 

電子書籍」を「紙書籍」と対峙するモノとして扱われることが多いですが

私は「紙書籍好きだからこそ、併用が活きる電子書籍もある」と考えます。

特にコミティアに参加の作家さんが活用できる「電子書籍」について話をさせていただきます。

 

クリティカルに刺さる。

 

 ストアの話と混ざってしまうと、若干話がそれてしまうところがあるのですが、そも同人誌が電子書籍化されることについて個人的には大歓迎していきたいです。

 同人誌は一期一会の稀覯本的な側面が結構強く、また薄いので本棚から探しづらい…背表紙もない(というかそれだけの厚みがない)のが多いし…

続きものの同人誌もあったりすると興味引かれても途中からは買いづらく、総集編待ち(下手すると数年越し)となったりしてしまってつらい。

 そういうところが解消される=買いやすくなるということなので、作家さんにも読者にもメリットあることだと思います。

そして上の記事にはストアの話やお金の話なんかもちゃんとあるので一読していただけれればと本当に思います。何卒よろしくお願いいたします。

 

 こういう話をコミティアでというのも良いかなと思います。コミティアとは一次創作オンリーの同人誌即売会で、(一般的なイメージでいう)作品のファン活動としての同人誌とはちょっと毛色が違った即売会です。(個人的には「インディーズ」と言った方が雰囲気伝わる感じ?)

 オリジナルということはつまり、権利の全ては作者さんが持っているわけです。なので二次創作がらみでよく言われるあれこれが関係なく、始めやすいところはあると思います。

 

 ただ、この販売方法として、

私が提唱したいのは、

まず、紙の本を刷る時は「1年以内に確実の完売できる」であろう部数のみにとどめること。そして、その本が売り切れる頃合いに電子書籍版の販売をはじめます。

紙の書籍が完売したら読者側に「電子書籍で入手できます」と案内を出すことができるわけです。

については個人的には「できれば同時、なるべく早い段階で」出して欲しいなあと思います。

 このあたりはデータ次第、電子書籍へのスタンス次第なところはあると思いますけれど、販促面だけでいうと一般書籍では同時販売が増えてきているのがひとつの答えになるのではないかと思います。外野からの意見ですが。

 

 あと「宣伝も大事」ということも書いてあって、それは本当にそう思う。思うというかせめてDLストアに登録したらサイトのほうにも書いておいていただければ…

 

 で、電子化とストアの登録の話。これが一緒に話されていますけれどこの二つは元来別のものではあって、ストアで管理してもらうと助かりますが電子化はそれとは微妙に異なる話なのですよね。

 

つまり

というような話がストアに絡めると絶対出てくるしこれはこれで問題なのですが、例えばDRM無しPDFで配信されているようなものは、ストアがなくなっても読むことはできます。

 実際に私が購入した電子版の同人誌は、購入したストアと関係なく読めるものが多いです。

(でもユーザー認証が必要なものもあったりして一概に言えない自覚あります。認証が必要なものは購入避けてる節はありますし。あと結局、同人誌は電子版になるかどうかわからない(というかほとんど無い)から紙本を買っちゃうのもありますわね。

余談ですが確認しようと某ビューアで認証機能が必要な本をダウンロードして見ようとしたらば著作権保護のためUSBデバッグをオフにしろとか出てきてマジFワードと思いました。変わってねぇなぁ…)

 この記事ではストアに出すことを前提にしているところあるし、ストアのシステムに乗っかった方がメリット大きいとは思うのですが、「電子化」と「ストアへの依存」は別に考えつつ、というのがいいのかなと思います。

 (※注:これは「PDFフォーマットを推奨したい」わけではなく、「現在配布されているものでDRM無しのPDFフォーマットのものがある」という話です。フォーマットとしてはEPUBなど他のもののほうが適切かもしれません。ポイントはDRMの有無、ストア無しで読めるかです)

 

 電子書籍ストアに関しては、別におすすめストアのほうで書いていたりしますので、よろしければそちらも見てみてください。

kagerou-ts.hatenablog.jp

 

 なんにせよ、品切れのない世界が来てくれると嬉しい。あと物理的限界に挑まなくてもいい世界。何卒よろしくお願いいたします。