怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

果たしてプログラマ以外に選択肢があったんだろうか

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

 

…というお題が流れてきまして日曜の夜にささっと考えてみたりしたのですが逆に、他の職種でやっていけたんだろうかという哲学的命題にぶちあたってとても帰りたい気分になりました。

「今の仕事」というのが現在在職している会社というのであればこれはもう本当に運というかタイミングよかったとしかいえないのですが、プログラマということであればたぶん他に勤まらなかったのではないかという疑念しかないですね…(震え声

 

 

そりゃ昔はちょこっとコンビニバイトみたいなことをしてみたりしたこともありましたけど3ヶ月保たず。

最初の職場を辞めたあとの無職期間、日雇い派遣とかもしてみましたけど一ヶ月くらいでしたかなあ。

(まあそのコンビニ、一向にバイト代が試用期間賃金から上がる気配もなくとうとう最後まで試用期間賃金でしたが。俺のほうも正バイト(?)くらいの働きできてたかというと怪しいのでおあいこでもあります)

(あと日雇いは食費交通費自腹なのでさっぴいた結果月5万くらいにしかならずこりゃあかんみたいな感じ。そのときパチンコ屋の店員もやりましたけど、今思うと完全に中抜きされてますねあの賃金…お金を扱うところはよからぬことを考えないようにそれなりに支払うもので、たぶんパチ屋はそれなりに支払ってるんでしょうけど実際働いてるのは日雇いの普通のバイト料(交通費自腹)なのねん。今どうなってるか知らんしどこの店だったかも覚えてないけど。)

 

そんなこんなで気づいたらなっていた、というか最初に覚えたこれより他にできることがなかった、といいますか。

ファミコンにハマってからいろいろそっちのけてコンピューターのほうに向かった結果ともいえます。

 

しかして将来的にはプログラミング自体がそう特殊なスキルじゃなくなっていく気もするし、なりたいとかなりたくないとか、そういう話じゃなくなっていくのかもしれませんね。

それはそれでよい未来だと思います。

 

 

 

なんかこのスロット見ると「まだ社会に出ていない方や求職中の方も「こういう理由でこの仕事に就きたい」というエントリーをぜひ」みたいなことが書いてありましたがこの業界もいろいろアレでソレはありまして志望する方にはむしろ「大丈夫? IT業界だよ?」って聞かないといけない気はするのですけど今は昔言われていたほどBLACKではなくなってる気はしないでもないですがだいたい「なれる! SE」は読んでおくといいと思いました。

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

 

プログラマじゃないけど。だいたいあってる気がする。どこが現実と違うのかは自分の目で確かめてくれ。

 

 

 

 

 

たのしいよ!

 

 

 

 

かえりたい。