怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

「ノーゲーム・ノーライフ」8巻 ~ゲーマーたちはほんとに無理ゲーが好きなようです

VS神霊種(オールドデウス)戦に決着! というそれですがむしろクライマックスは巻頭にあった旧世界戦争RTSのラストハルマゲドンっぷりな気がしないでもない第8巻。

ノーゲーム・ノーライフ (8) ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです (MF文庫J)

 

今巻は全巻からの続きとなっており、

ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)

さらにその前の巻から関連していたりします。

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

 

6巻が出てるあたりでアニメ見て「おおー」と思って全部読み始めたんですよねえ。そういえば。

 

常勝無敗の廃人ゲーマーだった空と白が「遊戯の神」テトに拉致られ導かれた先での異世界ルールでゲーム無双、7巻から続いているのはかつて神と呼ばれていたものが作った超巨大すごろく。そのゲーム内ゲームとしての、過去にあった最終戦争をリアルに再現したというシミュレーションゲームから開始します。内容的には最終戦争という言葉がぴったりになっていって、6巻の過去編がちらちらよぎったりもしてなかなかアツイのですがこれゲーム内ゲームなのですよね…

どうすんだこれと思って読み進めていてそうなったのかー! と全てが終わったような顔してみたらばゲーム内ゲームが終わっただけ。

「定石」だったり「こうあって当然」のような概念をまるっとひっくり返してぶち破っていくのがこのシリーズの魅力でありしびれる瞬間なのですがそういえばそうだった!

 

ともあれ今巻も面白く次巻からの展開も楽しみです。あとがき燃え尽きておられましたが(そりゃそうですよねこんだけややこしいの…)楽しみにしております。