怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと777冊

映画「3月のライオン 後編」人と家族の繋がりが将棋を通して問われているよう【映画感想】

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会 後編は将棋そのものより、その周りの人達がメインでした。 映画オリジナルな部分もあり結構よかった。 家族の繋がりに踏み込んだ後編 3月に公開された前編からの続きとなる本作。原作は同名の漫画になります。 とい…

Amazonの「Fire TV Stick (New モデル)」というものが届いて怠惰な日々を過ごしている

完全に堕落。 いろいろなサービスに対応したストリーミング端末(リモコン付き) 購入したのは「Fire TV Stick」のNewモデル。2017年4月6日に発売されたばかりのものです。 コンパクトな箱に収まってやってきました。 リモコンとあわせて手のひらサイズ。同梱…

2017年4月に読んでたおすすめマンガ、ライトノベル、映画など感想まとめ

Fire TV Stickが届いてますますやばい マンガ ぐらんぶる 8巻 教えてFGO!偉人と神話のぐらんどおーだー 1巻 ライトノベル 無法の弁護人3 もう一人の悪魔 ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム Fate / strange Fake 「落第騎士の英雄譚<キャバ…

「GHOST IN THE SHELL」古き良きサイバーパンクSF感あふれてた【映画感想】

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved. ハリウッドで映画化された「GHOST IN THE SHELL」 「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」を原作にハリウッドで実写映画化された作品。実にサイバーパンクだった。 全身をサ…

2017年3月に読んでたおすすめマンガ、ライトノベル、映画など感想まとめ その2

つまり文字数。 マンガ 魔法使いの嫁 7巻 (4/3追加) ライトノベル ゴブリンスレイヤー 4巻 (4/3追加) 映画 3月のライオン【前編】(3/20追加) ひるね姫 ~知らないワタシの物語~ (3/29追加) 本 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング…

"護れなかった"ものたちの、現実世界での戦いを。劇場版「ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」【映画感想】

控えめに言って最高でした… 劇場版という尺の中で、新しいデバイスで、激しいバトルとストーリーと、「アインクラッド」の因縁と。 SAO好きはもちろんマスト。劇場で見るしかないやつやで… AR型情報端末「オーグマー」が広まった新しい世界 情報の表示のみな…

帝国との決戦のとき、父と子の絆はどうなる「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」【映画感想】

ルーク・スカイウォーカーが主人公となる三部作のラスト。 フォースとともにあらんことを… ハン・ソロを奪還せよ EP5でジャバに囚われてしまったハン・ソロを救い出すところから始まる今回のEP6。 ロボット2体を差し出してみたりチューバッカを使って潜入し…

帝国軍の蹂躙そして、ルーク覚醒の時「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」【映画感想】

デーンデーンデーンデデデデデデーン デーデーデーデデデーデデデー 反乱軍を執拗に狙う帝国軍、その狙いはどこにあるのか EP4の「ヤヴィンの戦い」から時は過ぎ。ルークも反乱軍の英雄として活躍していた。 しかし抗争は苛烈を極め、秘密基地を氷の惑星ホスに移さざるを…

辺境の惑星から旅立つ青年が帝国から銀河を救うのか…「スター・ウォーズ 新たなる希望」 【映画感想】

1977年に公開され大人気を博し、SF映画のイメージを一新してしまったといわれる古典名作スター・ウォーズ。 今の今まで見ていなかったのですが、現在公開されている「ローグ・ワン」を見てからその続きということで見てしまいました。 確かにめっちゃ続いて…

やさぐれ系女子とならず者たちが大活躍する「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」! 【映画感想】

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 1人でキネマ読んでてそういえばSWまだやってるのかなあ→まだやってた! みたいな釣られ方をした初スター・ウォーズです。 (「木根さんの1人でキネマ」より) 7本目どころか外伝からで本当にすまない。 EP4に繋が…

お嫁入りしたすずさんの、ありゃーな日常奮闘記 映画「この世界の片隅に」感想

C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 すずさんのありゃーっぽさが光りつつもじんわりくる、前評判に違わぬいい映画でした。 すずさんと共に見る、広島・呉の記憶 第二次世界大戦中~末期の広島・呉を、一人の女性の視点からすごく丁寧に映…

【ネタバレ】 どうみてもマルチです。映画「闇金ウシジマくん Part3」感想

(C)2016 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会 よくわかるネットワークビジネス編。感想としてビジネスの内容にも触れるのでネタバレとします。 結論として、「すぐに稼げるようになるからだいじょうぶだよ」「まずリスクを取って金を払お…

すごく等身大の、恋と青春の物語 映画「聲の形」感想

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会 この高校時代のきれいな絶望感と救いとすれ違いと人と人とのつながりが最後に流れる主題歌「恋をしたのは」までセットでもうほんと最高。 かつて悪ガキだった少年と、いじめられていた少女 まず、本作品の主人公…

突然の男女入れ替わりコメディ、そしてまっすぐ青春している星降る夜の不思議と奇跡の話。映画「君の名は。」感想 

©2016「君の名は。」制作委員会 気持ち的にはライトな青春コメディのつもりで見に行ってみたら後半思った以上にたたみ込まれてラストまで。いい話でした… 入れ替わっちゃってるのは夢なのか現実なのか 田舎に住んでいる女の子、宮水三葉と東京に住んでいる男…

映画「魔法使いの嫁 星待つひと 前篇」感想 「お隣さん」たちとの幻想的な風景、そしてチセの過去

(C)ヤマザキコレ/マッグガーデン うむ…今を穏やかに生きているチセと過去との対比がつらいところもあったけど綺麗な映像で雰囲気も出ていてよかった… コミックス6、7、8巻の特装版についてくるOAD(オリジナル・アニメーション・ディスク)の期間限定劇場公開…

映画「秘密 THE TOP SECRET」感想 死者の脳に隠された「秘密」に、警察庁特別機関「第九」が挑むサスペンス!

死者の脳にアクセスし、その記憶を映像として掘り起こす…科学的にもモラル的にもギリギリな装置を使い、殺人犯と対峙していくサスペンス。 「第九」での事件捜査 警察庁の特別機関「第九」は、MRI捜査という手法で、死んだ人間の脳から生前に「見ていたもの…

映画「シン・ゴジラ」感想 巨大生物、日本上陸

(C)2016 TOHO CO.,LTD. これが…GODZILLA…! (先に断っておきますと、ゴジラシリーズは大変歴史あるシリーズですが、私は今まで縁が無くて観たのはこれが最初なのですよね…だから他との比較はできないのです。すみません) それは海からやってきた 突如現れた…

重大事件に見どころいっぱいの劇場版! 映画「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」感想

近未来VR格闘ゲームをテーマにした「アクセル・ワールド」の劇場版! このシリーズ大好きなので観に行ってきました。突き抜けるアクションパートとタクムの扱いに震える。 VR格闘ゲーム「ブレイン・バースト」で生まれる絆 時は2046年、ニューロリンカーとい…

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!」FILE02感想 美女と無職おっさん38歳のストレンジ・ラブストーリー

続けて2巻も見てしまった。怖いホラーと言うより不思議な話でした。 山の中の美女 無職ニート38歳おっさんの櫻井が山の中で偶然出会った女性、つぐ巳。櫻井はその女性に心を奪われてつきまと…心配して彼女に家に向かったところ、今回「超コワすぎ!」に投稿…

「戦慄怪奇ファイル超コワすぎ!」FILE01感想 なんというかすごかった

戦慄で怪奇でコックリさんでコワすぎであるからホラーであることには間違いないんですがなんというかそれ以上にすごかったとしか言えないところがある… 投稿から始まるストーリー コックリさんをやって呪われてしまった女の子からの投稿ビデオを見て、番組デ…

映画「貞子vs伽椰子」感想 怪異vs怪異のガチホラー頂上決戦!

(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会 貞子と伽椰子が夢のマッチメイクと聞いて見に行かないわけにはいかないなどと勢い込んでいって見た結果ビデオの呪いにじんわり浸ってびっくりどっきりハウスに食われていく様を眺めていたところにやさぐれ霊能力者とひね…

映画「64 -ロクヨン-」後編感想 本格的に動き出す「ロクヨン」事件、炙り出される「7日間の最後の昭和」に発生した事件の真実

((C)2016 映画「64」製作委員会) 後編は実際に「ロクヨン」事件を模倣したと思われる事件が発生し、一気に刑事ドラマっぽくなりましたね。 それして「広報官」という刑事ではない三上の立ち位置から見ることで、違った視点に映るのが新鮮で面白いところ。 「…

映画「64 -ロクヨン-」前編感想 警察という組織、記者たちとの確執、そして決断の人間ドラマ。

(C)2016 映画「64」製作委員会 GWももう過ぎていくので何か見に行こうかと思って、ちょっと気になっていたので見てきました。昭和64年、未解決事件、ミステリー。 これは熱い話には違いなかったのですが…前編では警察内のごたごた、記者クラブとの確執に終始…

映画「残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐」感想 賃貸が呪われる系は一人暮らしの俺に効く

(C)2016「残穢 住んではいけない部屋」製作委員会 ちょっと前に予告を見て気になっていたのが「オデッセイ」見に行ったときに公開されていることに気がついて、ちょっと今日観に行ってきました。 結論からいうと恐い…のはスプラッタ的な驚きではなくて和風の…

【火星DASH村】映画「オデッセイ」感想【植物学者つよい】

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved 事故で火星に独り取り残されてしまった宇宙飛行士マーク・ワトニーのサバイバル日誌映画「オデッセイ」。 最初知らなかったのですがTwitterで「#火星DASH村」という評判が拡散していて…