怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと788冊

「バビロン2 -死-」感想 絶望しか見えない…

最後まで読んだら「おお…おお…」って嘆きの声しか出ない… 生きるという権利 様々な社会システムの実験特区として用意された「新域」において、その域長となった齋開花。その彼が、「新域」の仕組みを利用して「自殺法」を制定するという暴挙に出る。正崎たち…

「バビロン1 -女-」感想 巨悪と陰謀に挑む地検特捜部の活躍を描いていた…はずが…?

読み進めていくうちに二転三転し筋の通らない謎にどこに行くのかわからない物語。しかも「1」とあるとおり続いているわけで。だがそれがいい。ほんと続きはよ。 東京地検特捜部のお仕事 製薬会社「日本スピリ」のガサ入れから始まるこの物語。正崎善検事と立…