怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと788冊

「Fate / Apocrypha」1巻感想 魔術協会vsユグドミレニア一族、7騎vs7騎の仁義なき聖杯大戦、ここに開幕!

神話、歴史に名だたる英霊たちが召喚され万能の願望機を巡って殺し合う「Fate /stay night」のスピンオフにしてパラレル、しかも総勢14騎(+α)。これがアツくないはずがない…! ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべて…

「ナイツ&マジック」2巻感想 新型機をつくろう!

みんな大好き新型機! 自重しないこの勢い 異世界で生まれ変わった元メカオタクのプログラマ、エルくんが大活躍するシリーズ第二巻。 今回はみんな大好き新型機開発です。前回の戦闘でずたぼろになったのをこれ幸いと… だいぶこう、夢いっぱい詰め込んで作っ…

2016年上半期に読み始めたおすすめマンガ、ライトノベルのシリーズ10選

すでに今年も半分が過ぎてしまいました。 いろいろと読んできましたが、この上半期に1巻目を読み始めたシリーズをピックアップしていきたいと思います。(私が読み始めたということで、開始されたシリーズではないです) マンガとライトノベルで10シリーズづつ…

創作物を守るために大活躍! 山田太郎氏が参院選に出馬されています

今夏の参議院議員選挙に表現規制、TPP問題などで創作物を、創作するということを守るために尽力してくださった山田太郎議員が出馬されております。 全国比例ですので全国どこからでも投票できます! 【拡散希望】本日から不在者投票が始まりました。投票につ…

「ナイツ&マジック」1巻感想 転生してみたらば剣と魔法とロボットの異世界!

メカオタクのプログラマが事故死で異世界転生したらば剣と魔法とロボットの世界で心置きなく無双するというドリームいっぱいの本作。すばらしい… やりなおし異世界ドリームしよう! 社内で一目置かれる凄腕プログラマだった倉田翼は不運にも事故で死亡。だが…

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」14巻感想 光流さん輝く短編集!

この表紙の通り、光流さんとエルビア回でもあり、ある意味定番なところでもあり。 短編集といっても時期的に13巻後っぽいので、実質的には本編かもしれません。 森に帰った慎一 まあ前回さんざんだったからその反動でひきこも…オタクの森に帰ってしまった加…

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」13巻感想 貴様に非モテを名乗る資格はない

爆発するがいい… トライアングラーに+1されたらどうなるのか あの加納慎一争奪戦にエルビアが参戦! 加速度的に修羅場というやつです。 もう完全に修羅場というやつです… とはいえそこは作品の雰囲気もあって、陰険な感じにはならないある種ハーレムルート…

「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」12巻感想 ┌(┌^o^)┐

どうみてもジャンルがおかしいです 揺れるガリウス回 突如現れた超空間通路によって現代日本とファンタジー世界が結ばれてしまった世界で、そのファンタジー世界の一つの国である神聖エルダント帝国にオタク文化を布教するために送り込まれたのはタダのオタ…

迫る決戦の時、深まる数々の謎。「アクセル・ワールド」20巻感想

いよいよカチコミ待ったなしの今巻、けれどもまだ嵐の前の静けさといったところ… 成るか、王を掲げる二つのレギオンの合併 …というより、これが駄目ならすべておじゃんみたいなところあるんですけれども。 「ニューロリンカー」という、脳に直接接続された端末を…

シュールにギャグにコミカルに、笑える面白おすすめマンガ、ラノベ12選!

「面白い」というものにもいろいろありますが「笑える」というのは文字通り大笑い。ギャグにも程度はありますが、こう、何かを踏み越えてしまったときに人は笑うしかないのではないか。 そういった作品を集めてみました。 あそびあそばせ ぐらんぶる バカと…

「学園陰陽師 安倍春明、高校生。陰陽師、はじめました。」感想 陰陽師初心者の少年と着崩した美女が織りなす学園陰陽ファンタジー!

この、まさにタイトルどおり。学園で陰陽師の卵たちの活躍とあやかしと式神と酒とお風呂と恋と青春と水着と温泉と白装束。 安倍晴明の子孫、陰陽師になる 安倍春明はかの有名な安倍晴明の子孫で、「見鬼」という妖怪やなんやが視える力を持っていました。そ…

「命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリオリで片っ端から殺してやることにした」感想 まさに、外道!

リア充は殺せ! 間違っていたのはお前たちだということを教えてやる! デス・ゲームの幕開け ナチュラルボーンぼっちの主人公新井和馬は修学旅行の真っ最中、盛り上がるクラスメートを尻目に「あーバス事故んねーかなあ」なんてことを考えていたらどうやら事…

水の都で静かに巻き起こる、ゴブリンどもとの抗争の記録 「ゴブリンスレイヤー」2巻感想

水の都の地下迷宮を巡るゴブリンスレイヤー一行とゴブリン集団の激しい死闘。そこに慈悲はあるのか。 ストイックすぎるゴブリンスレイヤーさんが背中で語っているようなところが格好良い。 ゴブリン殺すべし 相変わらずの勢いでゴブリンを殺して殺すゴブリン…

モンスターちゃんと出会ってしまったのは間違ってなかったと信じたい。「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」10巻感想

9巻の続き、竜女のウィーネちゃんと「異端児(ゼノス)」達を巡る騒動の決着。 心持つモンスターはモンスターなのか、心ない人は人なのか… ダイダロス一族の野望 それはさておき、この迷宮にはびこる謎…というか、迷宮に執着する一族の話も出てきました。 ギリ…

努力と才能と、そして「好き」なこと。「りゅうおうのおしごと!」3巻感想

読んでる最中もま た ホ モ か とかゴキゲン振り飛車マエストロ超かっけー! とか籠球部なら入ってたとかとかいろいろと感想は浮かんでいたんですが。 終盤の桂香さんの対局に圧倒され読後はもうそれしかなかった。そんな巻です。 挑戦できるリミット 清滝桂…

「異邦の探求者 ーイストワール・エトランゼー」感想 異界の少女とエージェントの青年が紡ぐSF冒険活劇!

世界を襲ったある巨大な事件。それによって変容した世界。人ならざる存在となった少女と、姉を救う方法を探してエージェントとなった少年。 近未来感とダークファンタジー感が混ざりつつ、謎が謎を呼ぶ事件を追っていくところが面白い。 空間断裂実験後の世…

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」9巻感想 モンスターちゃんと出会ってしまったのは間違っているのだろうか

かわいいは正義となる日は来るのか。 ある日、ダンジョンのなか 生まれ落ちていた竜女(ヴィーヴル)と出会ってしまったベルくん。躊躇いつつも保護してしまうベルくん。ダンジョン内で生まれ落ちるモンスターは人に襲いかかるものたちで、通常であれば当然に…

誰も彼も自由すぎる。「Fate / strange Fake」3巻感想

まだ1日目なんだぜ…これ… ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれません。(おいしいところはなるべ…

最後のマスター、「彼女」が登場。そして始まるーーーー聖杯戦争? 「Fate / strange Fake」2巻感想

この聖杯戦争が、素直に進行するはずもなかった…! ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれません。…

アメリカの地方都市で開幕する「偽りの」聖杯戦争、選手入場! 「Fate / strange Fake」1巻感想

プロローグからしてこれかよ…という気持ちでいっぱいです。 ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれ…

「天使の3P! x7」感想 アウトぉぉぉぉぉっ!

事案でしかなかった。 どきどきわくわくの短編集 響とリトルウイングの天使たちと貫井家の日常を描く短編集。 霧夢と相ヶ江さんの出番はなかった。 内容的には ・ユナさんのお店でコスプレ撮影会 ・リトルウイングでストレッチ! ・桜花とパン屋のアルバイト…

【2016年】 まだ未完結! 続きが気になる面白いおすすめマンガ、ライトノベルまとめ111選!(+α)

一度やってみたかった…ということで今、個人的にお気に入りの、面白い、おすすめマンガとライトノベルを上げていってみたいと思います。あえてごちゃまぜなのは、そこを区別しないところが私の趣味だから。 レギュレーションとしては完結してないこと。完結…

「天使の3P! x6」感想 少女達の試練の時

それぞれの音楽に対するスタンスが問われる、試練の時になりましたな… 立ちはだかる壁 応募したバンドフェスの選考通知を待つ小学生ズ6人に、世界の広さ厳しさをわからせるかのような試練。 結構ね、こういう話だとトントン拍子で行くかなあとか思っていたん…

「天使の3P! x5」感想 青春である…

この響と桜花のこの展開…青春か! と叫びたくなるような青春感満載である。 ぎくしゃくする二人の距離 前巻最後に桜花がぽろっとこぼした爆弾発言が尾を引いて、微妙な距離感の響と桜花。 そしてそんな状態のまま、響は学園祭のクラス展示委員に任命されて、…

「ここは異世界コンビニ デモン・イレブン 盗賊のお客様、店員の目の前で万引きはおやめ下さい!」2巻感想 異世界コンビニ二巻目にして閉店の危機!?

異世界…いや異文化交流は甘くなかったわ… コンビニ店員試練の時 (「ここは異世界コンビニ デモン・イレブン」2巻より) 試練の時。 だが落ち着いて聞いてほしい…この人も仕事で来ているのだ…この世界は今、コンビニの持ち込んだ雑誌によって熟女派 VS JK派の…

「ここは異世界コンビニ デモン・イレブン お客様、回復魔法をかけながらの立ち読みはご遠慮ください!」1巻感想 今度はコンビニごと飛んだ

このところ異世界転移転生ラッシュで普通の学生からいろんな職業の人から自衛隊まで飛ばされてまして最近居酒屋が飛んだマンガを読んでた気がするんだけど今度はコンビニが飛んだ。 異世界も大変だな… デモン・イレブンへようこそ! ある日突然、扉を開けた…

「ウォーエルフ・オンライン」感想 虚構か現実かオカルトか、VRMMO世界の救世主さま

名前からしてエルフのVRMMO無双みたいな感じかと思ったらばなんかちょっとヘビーな感じでオカルトが混ざっており大変絶妙。 気がつけば…異世界? 10年前の事故で昏睡状態となっていた妹の見舞いにきていたイツキは気がつけば異世界に。そしてなぜか目の前に…

「天使の3P! x4」感想 はじめてのさっきょく!

妹のシャンプー職人のモノローグという最高のスタートをキメたときは思わず通報先を探したけれども後半はすごく真剣に作曲していてやっぱり天使だった。 曲をつくってみよう! ひょんなことから作詞作曲、つまり歌を作ることになった潤。希美とそら、もちろ…

「のうりん」12巻感想 岐阜回だった。

あの11巻ラストからどうなるんだこれって思ってフタをあけてみたらばすがすがしいまでの岐阜回。 短編集ともいいます。 サッカーの話 注釈が本編。 または古今東西サッカークラブあるある。 本編23ページなのに比較して注釈14ページ。しかも字が小さい。分量…

新章突入! 国をあげての一輝くんの歓迎会! 「落第騎士の英雄譚」10巻感想

ダメだこのひとたちステラ好きすぎる…! ヴァーミリオン皇国、とは… とうとう家族とご対面 激闘に激闘を重ねた七星剣武祭も終わり。打ち上げを経てそれぞれが過ごす夏休みへ。 一輝とステラはそう、両親にご挨拶するためにヴァーミリオン皇国へ向かいます。 …

「血翼王亡命譚 -祈刀のアルナ-」感想 生きるために逃げる王女、それを護る舞官、そして迫る陰謀のハイ・ファンタジー

そしてその結末は…結末は… 王女と舞官と情報屋とファンタジー世界のおとぎ話 「王歌」という奇跡を歌う王女アルナリス、その護衛のために剣の腕を磨いてきた護舞官ユウファ、ある目的のものを求めて旅をする情報屋の少女イルナ。 中世風の世界である「赤燕の…

「SE-Xふぁいる シーズン2」感想 夏の願いと奇跡の物語、でした

前巻なかなかえらいところにボールを投げてきた感じあってどうなるかと思ったところありましたけど、願いと奇跡と宇宙人を軸にしたいい話でした。 座敷童とミステリーサークル 夏だ! 青春だ! 合宿だ! といういきおいで、白羽根鈴緒はじめ「超常現象☆探求…

「SE-Xふぁいる」感想 タイトルからして洋パロだと思った?

半分くらい合ってた。 残りの半分は、青春オカルトラブコメーんな感じです。 といいますか ちょっとこれ大丈夫なの電撃文庫大丈夫なの 超常現象的ERO平たくいえばEROを引き寄せてしまうというそれなんですけどなんていうかラッキースケベ通り越して劇中のキャラも…

「この大陸で、フィジカは悪い薬師だった」感想 底抜けのお人好しと凄腕モンスター獣医の旅のお話

凄腕の医師…そして高額な報酬…黒い… だがKAWAII。つまり正義だ。 モンスターのお医者さん エイル教会に所属し、人に害をなす「害獣」(いわゆるモンスター)を退治したり異端者を捕まえたりするのが仕事である「角守」の少年アッシュと、その害獣を治療して回…

「ソードアート・オンライン」17巻感想 ますます苛烈さを増していく最終負荷実験、その行方は

そして戦場に舞い散るリアルワールドのプレイヤー達。 血みどろの総力戦 もうこれなー、VRゲームだというのは前提になってるんだけどほんとにもうバーチャルじゃ済まない。 アンダーワールド寄りの視点で描かれているからというのはあるけど、ああそうか、ゲ…

「マグダラで眠れ」8巻感想 眠らない錬金術師と異端の少女の旅路の果て

うん、爆発しろ。 …というと本当に爆発するような代物を扱っているからアレ。うん。 解明される謎 「眠らない錬金術師」クースラとその一行は、各地で伝説を残している「白き者」たちの足跡を追って旧アッバスの町跡に。かつて町一つ吹き飛んだという伝説の…

7人の超人高校生神となる 「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」2巻感想

2巻目にして神。 ウサちゃん まず表紙をめくってみてほしい。 ウサちゃんである。 さらにカラーページを進めてみてほしい。 囚われのくのいちである。 神はいた。 宗教かとおもいきや民主主義を布教でござるの巻 封建主義のこの時代に帝国に対して派手に喧嘩…

ゴブリンが鬼であり魔物であるということを思い出させてくれる一冊であった。「ゴブリンスレイヤー」感想

表紙の美少女神官に気を取られて雑魚モンスターを叩いて回るようなゆるーいファンタジーだと思ってたら地獄のような一冊でしたよー? ゴブリンという魔物 古き良きRPGをはじめとしたファンタジー的世界観のゲーム、マンガ、アニメなんかではだいたい雑魚モン…

「ヒマワリ:unUtopialWorld」1巻感想 ひきこもり武闘派少女が巻き込まれていく型バトルストーリー!

大丈夫! スニーカーの最新作だよ! 舞台は「レイセン」の4年後 ハッピーニューイヤー大規模テロから4年。この時点でおもいっきり続いてるじゃねえかあぁぁぁって思ったりもしましたけど大丈夫、主人公はひきこもりの女の子。 だいたい「うわー過去にえらい…

「ミスマルカ興国物語」12巻感想 蛇と薄雪草の物語、ここに閉幕

っはーーっ! って感じで最後まで一気に読み切ってしまった感じの12巻。またしてもラストは怒濤の展開で広げた風呂敷を畳んで畳んで第二部ここに閉幕。 総力戦のラスト・バトル いやーどこまで言って良いかって感じではあるんですが。完全に人を超えてる力を…

「ミスマルカ興国しない物語 ~ミッション・シャルロッテ~」感想 マジカルプリンセスVS鉄仮面 仁義なき戦い

この最終巻までのタイミングでまさかの短編である。 火を噴くマジカルハッピー☆トリガー! …うん。 多くは語るまい… マヒロ… 隙あらば水着メイド (前略)思い余った私は担当Iに「だったらいっそ見開きでエーデルワイスとフランソワとライリスとカトリーヌとテ…

「ミスマルカ興国物語」11巻感想 激化する戦場、獅子奮迅の英雄、策略の一手

表紙のとおり、ある意味パリエル回ではあるんですがいいのかここまで血なまぐさくて。 全体的にシリアス回。そして二部ラストへ向けての布石でもある回。 激化する戦場 ヘリオト家の子息暗殺に端を発するヘリオト公VSヴェロニカ商工同盟の争いは連合VS帝国の…

「ミスマルカ興国物語X(エックス)」感想 鳥だ! ヒコーキだ! ゼンラーマンだ!

復活のZ。 とうとうこの巻に到達してしまった。 闇の帝都に降り立つ怪盗 度重なる戦争によって内部から疲弊し、格差が広がるグランマーセナル帝国。 そこに颯爽と登場した義賊、弱きを助け強きをくじくその正体とはーー みたいな勧善懲悪ものの筋書きである…

「ミスマルカ興国物語」10巻感想 ダークショット闇の法王様

ダークとつければいいというものではない。 闇のユリカ様 言ってしまえばユリカ様回。らぶりーナイトキャップ回。だからなぜ挿絵がないのだ。 戦闘ではルナスに、知略ではシャルロッテに出番を奪われがちなユリカ姉だけれども遺跡の中で存分に活躍できます。…

「ミスマルカ興国物語」9巻感想 おてんば姫の帝国に勝てる気がしなかった件

表紙はシャルロッテ姉様。表紙では見切れてますけど素足という最強さ。どうして靴を両方ともお脱ぎになっているかは本編参照である。 帝国はつよかった マヒロが帝国に移送され、グランマーセナル帝国皇帝ネオシスとの謁見を果たし、物語の中心は帝国中枢へ…

「ミスマルカ興国物語」8巻感想 その後、であり新たな物語の幕開けであり

表紙はでっかくルナス様。 今巻から第二部、帝国編の始まりであり、前巻ラストに続く冒頭の活躍などからルナス回といっても過言ではない。 国の行方 …というわけであのラストからの開始であり、流石に沈痛な開幕となっていますねこは。 終わりが終わりだった…

「ミスマルカ興国物語」6巻、7巻感想 かつてない怒濤の展開で第一部、完。

6巻はちょっと紋章関係ない連作短編的なそれ、7巻は何を言ってもネタバレになりそうな勢いでの第一部完。 話の焦点も、ジェス君のこれまでとこれから、みたいなところがあり。もしかしたらこれまでの話の主人公は勇者ジェスだったのかもしれない。 続々と登…

「ミスマルカ興国物語」5巻感想 おいでませ忍者の里へ

極東といえば忍者と世紀末覇者。忍者と言えばくのいち。くのいちといえばスライム責めなどということはなく挿絵すら無かった。どういうことだ。 妹もいるというのに… 極東大日本 のっけから謎の暗殺拳伝承者ハオウVSルナス皇女の殴り合いで始まる今巻。時は…

「ミスマルカ興国物語」4巻感想 その者、一切の衣を纏わず金色の野に降り立つべし

X巻の表紙便利すぎ。 おい。 はい。 そう3巻あとがきでの予告通りに奴が! 奴が帰ってきた! 実のところ今巻、民主主義と平等とは、資本主義VS共産革命、それぞれの理想と現実みたいなところが随所にあって面白く興味深く読んではいたんですがどこかお堅いと…

「ミスマルカ興国物語」3巻感想 かわいいメイド㌠のぶっとび武装キャラバンレースの巻

隙あらばメイドが出てくる。チーム名になる。それがジャスティス。 武装メイドと化したパリエルに最強メイドのエーデルワイスも参戦してますますメイド待ったなし! そういう話ではない。 はい。 聖魔杯を復活させるための紋章集めに諸国漫遊に赴くこととな…