怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

ライトノベル-海空りく

「落第騎士の英雄譚<キャバルリィ>」12巻 ≪紅蓮の皇女≫の覚醒なるか!? 強敵ひしめく修行編!【ラノベ感想】

ドラゴン皇女の覚悟が問われる雪山修行編。そして私服エーデルワイスさんのママ力の高さよ… 強敵に打ち勝つ雪山修行編! ≪傀儡王≫オル=ゴールの策謀と暗躍により窮地に立たされていたヴァーミリオン皇国ですが、ルナアイズの機転により「5 VS 5」の代表戦バ…

忍び寄っていた邪悪さが姿を現し牙をむく「落第騎士の英雄譚」11巻 【ラノベ感想】

ステラさんちでキャッキャウフフしてる間に隣国クレーデルラントを覆っている悪意、まさかこれほどまでとは… クレーデルラントとの代表戦を控えて ステラの故国、ヴァーミリオン皇国でついにステラパパとステラママ、ステラのお姉さんに挨拶した一輝くん。完全に婿入…

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」4巻感想

また今後の展開を左右するような重大なことがあっさり出てきてる感。 ついに樹立された民主国家 領土を拡大し民をまとめ上げ、なんとか「エルム共和国」の建国を果たした司たち。ゆくゆくは司たち、七人の超人高校生が現代日本に帰ってしまってもその国の維…

もはや生き抜くとかそういうレベルではない 「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」3巻感想

政治と医療と軍事力を掌握されつつある異世界が生かされている側ではないのだろうか… それはそれとしてアロマ アロマである。 温泉回、水着回などはよくあるがアロマ回というのはあっただろうか。いやない。 (カラーページの桂音先生に向かって両手を合わせ…

新章突入! 国をあげての一輝くんの歓迎会! 「落第騎士の英雄譚」10巻感想

ダメだこのひとたちステラ好きすぎる…! ヴァーミリオン皇国、とは… とうとう家族とご対面 激闘に激闘を重ねた七星剣武祭も終わり。打ち上げを経てそれぞれが過ごす夏休みへ。 一輝とステラはそう、両親にご挨拶するためにヴァーミリオン皇国へ向かいます。 …

7人の超人高校生神となる 「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」2巻感想

2巻目にして神。 ウサちゃん まず表紙をめくってみてほしい。 ウサちゃんである。 さらにカラーページを進めてみてほしい。 囚われのくのいちである。 神はいた。 宗教かとおもいきや民主主義を布教でござるの巻 封建主義のこの時代に帝国に対して派手に喧嘩…

7人の超人異世界に現る 「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」1巻感想

異世界補正がほとんどない(せいぜい言葉が通じるくらい)の異世界転生だと思ったらそもそも存在が現代日本でもチート級だったでござるの巻。それが7人。 振るう太刀筋は一騎当千、近代兵器もなんのその! 世界最高の剣豪高校生、一条葵! 倫理観などクソくら…

「落第騎士の英雄譚」9巻感想 熱血王道のど真ん中を行ったいい最終回でした…(終わってません

はい、七星剣武祭編クライマックス、完全決着の9巻でした。 表紙絵が今までほぼステラ単体だったのが一輝とステラになっているあたりも、読了後に見るとなかなかにくい演出な感じします。 今までのライバルたちと手合わせして最高のコンディションに高めた状…

「落第騎士の英雄譚」8巻感想 ウサちゃんの皮を被ったドラゴンやった…

7巻読んですぐの8巻やったからこのドラゴンっぷり。しびれる。 今巻は七星剣武祭ベスト4のカード、ステラ・ヴァーミリオンVS黒鉄王馬、黒鉄一輝VS紫乃宮天音というバトルづくしの巻でした。 どちらの決戦もそれだけで一冊のクライマックスを飾れるような試合…

「落第騎士の英雄譚」7巻感想 かわいいウサちゃんだぴょん♪

うん。 Fランク騎士がトップを目指すこのシリーズ、今回も浴衣にウサちゃんに素敵なカラーが満載ですね! ←違わないけど違う アニメ放映されていたときのCMで出てきたウサちゃんなので、目にした方も多いと思います。赤髪グラマラスな網タイツウサちゃん。珠…