怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒濤の詰ん読解消日記

積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと788冊

最後にして社会人ゲーマーの魂の輝きと闇を見てしまった感じのある「僕と彼女のゲーム戦争」10巻 【ライトノベル感想】

実在するゲームを扱ったゲーマーラノベ最終巻。 それぞれの進路を意識し始めたその先は…という内容でもあったんですが最終巻の感想がこれでいいかは分からなくなってくるほどに輝いている≪宵闇の魔術師≫。 卒業を控えるチームメンバたち 元女子校だった伊豆…

「無法の弁護人 法廷のペテン師」感想 新米弁護士と悪魔のペテン師、このタッグが事件に挑む!

完全にペテンだ… という看板に偽りの無い感想でスタート。 今月から新創刊されるレーベル「ノベルゼロ」創刊ラインナップの一冊です。 ド新人の弁護士、本多信繁がどうしょうもなくなって頼ってしまったのは「悪魔の弁護人」と呼ばれる阿武隈譲。 この二人が…