怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

マンガ-橋本崇載

「ものの歩」5巻感想 未来に向かって続いていく最終巻

全然これからだったのに終わってしまったあ… 王の名をもつ少年 ついに奨励会試験を受けるため、会場に向かう信歩。 会場までわずかな距離…なのに、なんかいろいろとトラブルに巻き込まれたりして、そこでまた浮き世離れした強さと雰囲気をもつ少年、斑木王四…

「ものの歩」4巻感想 師匠と弟子の熱い関係

4巻でとうとうあの師匠、小鳥遊阿門が! 気っ風のいいおっさんです。 それぞれの決着 その前に前巻から続いている、高校生将棋大会の決着がここに。 蒼馬にリベンジを挑む竜胆、信歩の前に立ちふさがらんとする仙國。一方は因縁の対決ですが、もう一方は…諦…

「ものの歩」3巻感想 美学と泥臭さと

引き続き都大会編。今回もな、当然だけどそれぞれが「負けたくない」という思いが強すぎて、それがぶつかって決着していく様に震える。 棋譜の美しさという美学 今巻で信歩の相手となるのは駒江高校三年生、岬真悟。 (「ものの歩」3巻より) …まあだいたいこ…

「ものの歩」2巻感想 ライバルか友達か高校生プロゲーマー

人生初参加の大会でプロゲーマーと戦うことになったり、ひたすら得意技を磨くことになったり、友達が増えたり。 このじわじわくる熱さがたまらないです。 VS高校生プロゲーマー 大会に出た信歩の対戦相手はゲーム攻略の天才、高校生プロゲーマー、ジッポこと…

「ものの歩」1巻 愚直に熱い将棋ストーリー!

真面目で要領悪く、とにかく繰り返し努力することしか知らないような高校生、高良信歩が手違いで入寮してしまったのは、将棋の奨励会員限定の「かやね荘」。 将棋はまったく指したことはないけれどもそこで将棋の楽しさに触れて、自分もプロを目指していくと…