怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

マンガ-乃木坂太郎

「第3のギデオン」1巻感想 貴族と民衆が交差するフランス革命前夜譚

時は1788年10月、パリ近郊。エロ小説が脱稿されるところからすべては始まる。 違うそうじゃない。 フランス革命前夜といえるタイミングで、第三身分(貴族でも聖職者階級でもない、要は平民)であるギデオンと貴族階級のジョルジュが出会い、ともに今の国を変…