怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと777冊

"彼女"のいないいつもの日常 「のうりん」13巻感想

実質的には11巻からの続きになります。が、今回は表紙の二人がメイン。はぜろ。 ※前巻までのネタバレを含みます

「のうりん」12巻感想 岐阜回だった。

あの11巻ラストからどうなるんだこれって思ってフタをあけてみたらばすがすがしいまでの岐阜回。 短編集ともいいます。 サッカーの話 注釈が本編。 または古今東西サッカークラブあるある。 本編23ページなのに比較して注釈14ページ。しかも字が小さい。分量…

「百姓貴族」4巻感想 北の大地のダイ・ハード

著者、荒川弘(実家が農家)の体験談とかいろいろネタに事欠かない農家コミックエッセイのようなものなんだが親父ダイ・ハード… ダイ・ハード 何があっても死なないと評判の荒川氏の親父殿。今回はしょっぱなからトラック事故で内臓破裂。スズメバチに刺されて…

【火星DASH村】映画「オデッセイ」感想【植物学者つよい】

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved 事故で火星に独り取り残されてしまった宇宙飛行士マーク・ワトニーのサバイバル日誌映画「オデッセイ」。 最初知らなかったのですがTwitterで「#火星DASH村」という評判が拡散していて…

アラフォーに刻の涙しか見えなかった…「のうりん」11巻まで一気読み

少し前に厄介なほうで話題になってしまった、岐阜の農業高校を舞台にしたかなりお馬鹿な農業コメディ。 正月休みに田舎に帰っていたときにいっきに読み切ってしまいました。 現在11巻まで。でも会話劇が主で読みやすく1冊あたり2時間くらいで読めていた感じ…