怒濤の詰ん読解消日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと771冊

ジャンル-ミステリー

解明される謎と黒幕、そして激しく衝突する戦士たち「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 5 case. 魔眼蒐集列車(下)」! 【ラノベ感想】

このかつてないバトル感。やはり熱い…! ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうところがあるかもしれません。(おいしい…

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 4 case. 魔眼蒐集列車(上)」感想 これはかつてない事件になるのではないか…

魔眼蒐集列車というその響きからしてやばいというのにあらすじから「奪われた誇り」ってアレ以外考えられないけどマジでアレなのかって感じだったらさらにその上行かれたりオルガマリーちゃんじゅういっさいだったりカウレスくん意外と才能あったり魔眼系女…

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 3 case. 双貌塔イゼルマ(下)」感想 橙子さんつよい

襲撃者たち、解き明かされていく謎、魔術師の執念…バトル多めの後半戦でした。 ※ここから先にはネタバレがあります。Fateシリーズはその話の展開、構成すべてに驚きと仕掛けが込められているようなもので、どうあっても感想というとネタバレになってしまうと…

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 2 case. 双貌塔イゼルマ(上)」感想 ライネスちゃんやったー!

みんな大好きロード・エルメロイⅡ世のさらに大好きな義妹ちゃんライネス・エルメロイ・アーチゾルテの出番! やったね! 魔術師たちの織り成す、「フーダニット(誰がやったか)」と「ハウダニット(どうやってやったか)」が意味を成さない異色のミステリー第二…

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 1 case. 剥離城アドラ」感想 魔術師の遺言に招かれたものたちの、魔術的惨劇が幕を開ける

あのロード・エルメロイⅡ世が主人公で参戦! という、Fate/Zeroを知るものにとってはたまらない一冊。 その内容もミステリアスかつ魔術的考察に富み、オカルト・ミステリー好きにもクリティカルにヒットするでありましょう。 ※ここから先にはネタバレがあり…

「秘密 ートップ・シークレットー」4巻まで感想 脳に秘められた最後の「秘密」を元に解き明かされていくミステリー・サスペンス

ただいま絶賛公開中の映画「秘密 THE TOP SECRET」の原作漫画。 映画化キャンペーンで1,2巻が期間限定無料、3~4巻が半額でしたのでひとまず4巻まで読んでみました。 「脳に記録された秘密」から事件を解き明かしていくミステリー 科学警察研究所法医第九研…

映画「64 -ロクヨン-」後編感想 本格的に動き出す「ロクヨン」事件、炙り出される「7日間の最後の昭和」に発生した事件の真実

((C)2016 映画「64」製作委員会) 後編は実際に「ロクヨン」事件を模倣したと思われる事件が発生し、一気に刑事ドラマっぽくなりましたね。 それして「広報官」という刑事ではない三上の立ち位置から見ることで、違った視点に映るのが新鮮で面白いところ。 「…

映画「64 -ロクヨン-」前編感想 警察という組織、記者たちとの確執、そして決断の人間ドラマ。

(C)2016 映画「64」製作委員会 GWももう過ぎていくので何か見に行こうかと思って、ちょっと気になっていたので見てきました。昭和64年、未解決事件、ミステリー。 これは熱い話には違いなかったのですが…前編では警察内のごたごた、記者クラブとの確執に終始…