怒濤の詰ん読解消日記

つんどくダイアリー

旧「怒濤の詰ん読解消日記」。積まれてしまったマンガ、ラノベなどを読んで感想を書いています。結果として面白い本の紹介だったりまとめだったりになってる。/端末の表示によると、あと740冊

ジャンル-サスペンス

「秘密 ートップ・シークレットー」4巻まで感想 脳に秘められた最後の「秘密」を元に解き明かされていくミステリー・サスペンス

ただいま絶賛公開中の映画「秘密 THE TOP SECRET」の原作漫画。 映画化キャンペーンで1,2巻が期間限定無料、3~4巻が半額でしたのでひとまず4巻まで読んでみました。 「脳に記録された秘密」から事件を解き明かしていくミステリー 科学警察研究所法医第九研…

映画「秘密 THE TOP SECRET」感想 死者の脳に隠された「秘密」に、警察庁特別機関「第九」が挑むサスペンス!

死者の脳にアクセスし、その記憶を映像として掘り起こす…科学的にもモラル的にもギリギリな装置を使い、殺人犯と対峙していくサスペンス。 「第九」での事件捜査 警察庁の特別機関「第九」は、MRI捜査という手法で、死んだ人間の脳から生前に「見ていたもの…

「バビロン2 -死-」感想 絶望しか見えない…

最後まで読んだら「おお…おお…」って嘆きの声しか出ない… 生きるという権利 様々な社会システムの実験特区として用意された「新域」において、その域長となった齋開花。その彼が、「新域」の仕組みを利用して「自殺法」を制定するという暴挙に出る。正崎たち…

「バビロン1 -女-」感想 巨悪と陰謀に挑む地検特捜部の活躍を描いていた…はずが…?

読み進めていくうちに二転三転し筋の通らない謎にどこに行くのかわからない物語。だがだからこそ目が離せない。しかも「1」とあるとおり続いているわけで。ほんと続きはよ。 東京地検特捜部のお仕事 製薬会社「日本スピリ」のガサ入れから始まるこの物語。正…

「命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリオリで片っ端から殺してやることにした」感想 まさに、外道!

リア充は殺せ! 間違っていたのはお前たちだということを教えてやる! デス・ゲームの幕開け ナチュラルボーンぼっちの主人公新井和馬は修学旅行の真っ最中、盛り上がるクラスメートを尻目に「あーバス事故んねーかなあ」なんてことを考えていたらどうやら事…

「不死の猟犬」4巻感想 命懸けの恋の駆け引き、一先ずの決着?

文字通り剣崎さんは命をチップ代わりにしてたわけで、殺伐とした駆け引きでしたがね… 死なない人達 舞台となっているのは現代日本、文化なども全く変わらず…なんですが、一つだけ大きな違いがあって人は死んでも復活する。 怪我などをした場合、死ぬまでは普…

「僕だけがいない街」8巻感想 「再上映」から始まったタイムリープ・サスペンス、ここに完結

読み終えた感想としては、終わった…という感じでした。 真犯人との決着 今巻で、一連の事件の真犯人との決着。 その行動を読んで、裏をかき、周到に準備していく、犯人もまたそれを読み別の手を打ってくる。結局どちらの思惑どおりになるのか…という緊迫した…